fishing_report

Date:
2017.6.8
Place:
日本海側某川
Angler:
TAKEくん
時間:
10:00-19:00
スタイル:
ウェーディング
天候:
気温/水温:
不明
風向き:
不明
水面状況 :
減水
lure suming-70F
釣果 トラウトサーモン 3 fish
最大 62cm

久々のレポートです。全く釣りに行っていない訳ではなかったのですが、ここ1、2年はバタバタと生活が変化してしまい渓流数回 秋のスズキで数回程度。纏まった釣果もこれと言った出来事にも乏しくバラシの連発・・・寂しい限りでしたわ。5月の末に「さて、釣りに行こうと」一大決心しダンボールの中からあれやこれやと引っ張り出して勢い任せで行きましたが、ラインは劣化しヘッドライトは電池切れ、フックは錆びてる始末。そんなんなーんも釣れません。夜な夜な少しずつ準備調整し、仕事の切りと共に念願の梅雨入りの雨。目覚ましをガッツリ合わせて、家族に明日は釣りに行くと宣言。しかし、息子に起こされる始末。「とーちゃん、おはよ。」時計を見ると既に7時よくよく考えると釣り場での朝マズメなんて数年見てないなと笑ってしまう始末。保育園に向かう息子よりも早くテンション高く家を出ます。道中、山間で降る雨にもっと降れと願掛けしながらコーヒーを飲みます。。到着は既に10時過ぎ、友人からサツキとスズキ入ってるでとの情報があったので8ldをダブルライン仕様にしてこれで掛かればそこそこ勝負出来るだろうって考えが4割、最近手に入りにくいサミングを失うのが怖いのが6割。しかし思いとは裏腹に序盤に訪れたポイントは無反応、遡上魚は遡上する。ならば僕も遡上するってことです。徐々に流心は細く、流れは緩くなりますが2mサミングを引ける場所があれば丁寧にきっちりと。これ大事と自分に言い聞かせて僅かな環境変化があればしつこくしつこく・・・・。先月、サツキマスにキスだけされた辺りに到着。少しだけアップに投げてキッチリと引く、引く、引く。テトラの際に何かが帰って行った気がしたので再度、同じコースを。流心を超えて、こちら側に、少しゆっくり、も少しゆっくり、と突如黒い影が視界に「あっ」て思った頃には無意識にアワセを入れてたようです。キャストからこの間20秒も無かったのでは・・・。どシャローの流れの中で、グングンと暴れる魚、久しぶりの大物に膝はガクガク腕はプルプル。遠目に見たら、あんな浅いとこでなんで溺れかけてはるんやろ〜って思われる感じでなんとかランディング。銀ピカで綺麗やなー、サクラやろかと写真を撮り友人に連絡。えらい太ったサクラやなーと思ってたら友人から「顔がニジマスっぽいぞ」との連絡。そんな訳ないやろーとストリンガーに繋いだマスの顔を覗いて見ると・・・確かに。ちょっとちゃうぞ。尾鰭も・・・斑点ありますねー。ほなこの魚なんですの⁉︎よーわからんけど掛かった魚はキッチリ取った。まーええやろとニジマス問題は後回しに。嫁さんに頼まれたスズキをガツンと釣らなねーと気分を新たに二箇所目へ、先月友人がスズキの反応アリと言ってたポイントへ、下流から少しずつ釣り上がって行きましたがダウンで攻めるよりアップがええよねーとアップクロスでキャスト、この場所も川幅はあれど魚の潜める範囲は2mほどかと。ターンはさせずにダイレクトに帰ってくるイメージでこれまたキッチリ引きますと、流心でドゴン!ギュント走り水中エラ洗いのようなヘッドシェイク、「スズキいただき」そんな心の声とは裏腹に、バシュッ‼︎とロケットの様な銀色の砲弾が飛びよった。「銀色⁉︎サクラって飛んだっけ⁉︎」と思うやドラグがずーっとジーーージーー鳴ります。じっくり巻いて否して、ジーをそこそこ繰り返してようやくネットへ。さて久しぶりにサクラマスの顔を見させてもらおうかと覗き込んで見ると・・・ニジマスの顔やん。でも銀色やしデカ過ぎやん。60cmあるやん⁉︎河原で一人パニックです。再度友人に連絡、すると100%ニジマスの通告を受けます。サツキ、サクラ、スズキこの三つのキワードしかなかった僕の頭は何が起こっているのかまーったく理解できません。だって、この川におらん筈の魚でしょ。ニジマスって。ちょっとクールダウンしようと、以前渓流の木に引っ掛けてしまったS45を助けに行くことに。無事まだ木に引っかかっていて、準備しておいた高枝切り鋏で救助完了。さて、時刻は間もまく夕マズメ、本流域のアッチコッチでサツキを探すも無反応。最後の使命はやはり嫁さんご指名のスズキ、この日の当たりカラーで河口域の瀬の下の弛みを丁寧に丁寧に、竿先がフッと軽くなった辺りで少し止めてターンへと思った矢先にドラグが「ジーーーージーーーー」慌てて追いアワセを入れた途端に連続ジャンプ。もうその頃にはシルエットで解りました銀色のニジマスだと。サツキ、サクラ、スズキを狙って来たけれどこれって外道になるのかなー、胃袋に何入ってるのかなー、で釣ったこいつら何処から来たんやろなーと思いながらも久しぶりに腕に魚の感触の残る不思議な1日でした。しかし・・・奇妙な事もあるもんだ・・・。

sum山岡の一言

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum