fishing_report

Date:
2017.7.10
Place:
Lake Biwa
Angler:
山口さん
時間:
5時~13時
スタイル:
陸釣り
天候:
曇り→小雨→大雨→曇り→晴れ
気温/水温:
気温26℃前後
風向き:
ほぼなし
水面状況 :
穏やか
lure FLASHBACK
釣果 バス 1 fish
他ハス
最大 53cm

雄大な景色で釣りをしたくて湖北に釣行です。早朝から水面が穏やかです。フラッシュバック、FB60CW、ファットサムジュニアに反応ありません。リップレスサミング70SPに時折子バスが追いかけてきます。岩のからむ場所でコトカスに何かがバイトしますが、フッキングしません。その後ニゴイが反応示し、もう一度投げるとバイト!ロッドもしなり、やり取りを楽しんでいるとバレました。フロントフックを見ると、一本伸びて一本折られてました。その後雨が降ってきたので移動してると大雨になりました。しばらくして雨が止んだので最初の場所に10時頃戻ります。沖のブイと連結してるブイ付近で時折ボイルがあります。様子を見ていて、ボイルのあった時にはフラッシュバックをキャストすると水面割りますがフッキングしません。こうなったらと砂利浜に座って姿を見えにくくし待ちます。すると沖でボイル!座りながらフラッシュバックをキャストし引いてくると岸から5mぐらいの近距離でボコッとバイト!フッキングするとライトトリップ52ULがバットから大きく曲がります!立って魚影を確認するとデカい!近距離で一気に沖に走られましたが、52ULが魚のパワーをなんとか受け流してくれます。このスリリングさがたまりません!何度かのエラ洗いも耐え、湖北の53センチランカーバスが釣り上がりました。フラッシュバックで初の50オーバーです。その後は晴れ上がり反応なくなったので、最後に湖西でサミング70HiFでハス釣って納竿しました。

sum山岡の一言

ボイルがあるところがキャスト出来る範囲内なら座って釣るのも有りです。雨後は尻が濡れるし、座って釣るのは斜面の角度によってはしんどいこともあります。去年は座って釣っていて岸ぎりぎりで食いつきましたし、ドシャローでニゴイの群れに交じった数少ないと感じられるバスの40アップもフラッシュバックで釣りました。バス釣りは面白いです。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum