fishing_report

Date:
2017.8.16
Place:
Lake Biwa
Angler:
ゴンさん
時間:
23:00〜7:00
スタイル:
陸釣り
天候:
雨のち曇り
気温/水温:
気温 24℃/
風向き:
北東より中風
水面状況 :
北東よりうねり少々
lure Lipless suming-70SP
suming-70SP
釣果 2 fish
最大 53㎝

ご無沙汰しております。冬以来、久しぶりに嬉しい魚が釣れましたのでレポート致します。今年の5月に、奇跡的に素敵なお店でサムスティック52UL-CSCHEを入手して以来、52ULだけを手に、時々釣行しておりましたが、小バス君やハス、ニゴイなどと楽しく遊んでおりましたが、なかなか良型の釣果に恵まれず、レポートも投稿できませんでしたが、この度なんとか納得の魚を手にすることができました。16日の夜、雨が止んだタイミングを見計らって釣行。ポイントに着くと、今にも泣き出しそうな空ですが、なんとか雨は止んでおり、浜の岩や砂,草木も濡れてキラキラして、少し風が吹き、気温も少し涼しくなんだか良い雰囲気です。最初のポイントでは、雰囲気は良いものの、アタリがありません。次のポイントに少し移動しますが、僕はまだ実績の無いポイントです。そのポイントに、雨のおかげで「ここには絶対に良型が付いているやろう」という状態の場所が有りました。そこで、そのポテンシャルを引き出してみたくて今年メインで使用しているsuming-70SPから、僕の”食わせの切り札”のLipless suming-70SPにルアーチェンジ。岸際約1メートルくらいにキャストしたその1投目に『ゴバっ‼︎』と豪快なアタックが⁈52ULが満月になり、数回エラ洗いと突っ込みを受けますが、トルクフルなバットがグイグイじわじわと魚を寄せてきます。「これは40センチ弱くらいかな?」と、岸に引き上げた魚を見ると、予想より大きい⁈計測してみると53センチでした。餌をたらふく食べて、丸々と太った、しかも傷ひとつない良い魚でした。これまで、レポートコーナーで猛者の方々の52ULでの素晴らしい釣果を見させていただき、「僕も52ULで、あんな素晴らしい魚を釣ってみたいな〜」と、いつも羨ましく思っておりましたが、やっと自分も52ULでの楽しい釣りを体験できました。魚が釣れたのが2:30でしたが、52ULの釣り味が楽し過ぎて、思わず7:00まで竿を振り続けてしまいました…55Lも最高の竿ですが、52ULはsumingシリーズをより繊細,丁寧に操作できて、魚とのやりとりもスリリングで、本当に楽しい竿だと思います‼︎

sum山岡の一言

ごつい竿を使っているバス釣りの人はライトトリップ兄弟を見て、何釣る気なのかと思っているかもしれませんなあ。僕はごつい竿で何釣る気なんだろうと思っています。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum