fishing_report

Date:
2017.8.29
Place:
Lake Biwa
Angler:
社員A&サム山岡
時間:
12:00~17:30
スタイル:
陸釣り
天候:
晴れ
気温/水温:
気温32℃
風向き:
無風と東微風→北西弱風
水面状況 :
ほぼ凪ぎ
lure Lipless suming-70S Slalomer
FB60CW
SUM JIG SSL65
suming-70HS
釣果 二人で
バス4fish
ブルーギル 1 fish
ニゴイ 1 fish
最大 バス49cm

なかなか釣りに出掛けるチャンスが無いので、やや強引ながら真っ昼間狙いで行ってきました。今回は湖西でも北の方に直行。特に何かの情報が有った訳でも何でもないです。ウィード絡みで小バスが釣れる所はないかなと探しに出掛けた訳です。一ヶ所目に付くなり無風、ドピーカン、真っ昼間のトリプルパンチは敗戦ムード濃厚です。それでも条件さえ合えば釣れそうなポイントはあります。そんなポイントをいくつか見つけておきたいと探し回ったある場所で。今後の為に取り敢えずポイントの形状をインプットしようと歩きながら、流れ込み沖、流心にクロスさせる様にスラローマーキャストして、少し沈めて取り敢えずゆっくり巻いてくる。セオリー通りの狙い方ですが、まぁこの状況下で釣れた試しはありません。水もドクリアーのスケスケですしね。周りを観察しながらボ〜っとして巻いてたら、ゴミか何かしらが引っかかった様な重い抵抗。グ〜ッと竿を立てると、アラ?なんか魚掛かってるわ〜ニゴイやな〜このパターン。と思ってゆっくり寄せてくると、予想外にも大きめのバス!水面に出てきてえら洗い!えらいこっちゃ〜と急に焦りだすんですが、結構デカイんでなかなか寄ってきませんねん。いつバラすかと不安な取り込みでしたが無事キャッチ。フックもがっちり両側掛かってました。残念なのは撮れた動画がファイトシーンからなんですよね。全く釣れると思っていなかった証拠です。そして釣った達成感が全く有りません。その後サム山岡もサムポッパーで1バイトに1ニゴイ。これで終わるのもどうかと思うので、その後も転々と移動を繰り返して、何とかおちびバスをFB60CWで追加。他にもバイトは有りましたが追加は出来ずでした。只、今回の嬉しい収穫はFat sumシングルフック仕様が思いの外使いやすかった事。ウィードのすり抜けが素晴らしいです。いや、多少は引っかかりますよ。でもこれはウィードエリアで使えます。今回も一回掛けたんですが、装着していたシングルフックがエリア用に持っていたバーブレスだったんで、バラしてしまいました。是非皆さんも試して下さい。フックは前後ともポイントが上になる様に取り付けて下さいね。

sum山岡の一言

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum