fishing_report

Date:
2017.10.1
Place:
嵐山フィッシングエリア
Angler:
ひらり〜さん
時間:
6:00~9:30
スタイル:
陸釣り、ウェーディング
天候:
晴れ
気温/水温:
不明
風向き:
無風
水面状況 :
凪ぎ
lure FP-60CW
Lipless suming-70FP2
釣果 2 fish
最大 36cm

初投稿します!先日のWild-1さんの大会では多くのみなさんにお世話になり、ありがとうございました。この様な釣り大会で初優勝しましたので、レポートさせていただきます。朝5時。京都の山中、高雄の嵐山フィッシングエリアは想像以上に寒い!!フリースを持って来るべきだった~この日を楽しみにしていたサムルアーズファン(?)20数名が集まった。受付と同時にフライトのくじ引き。幸運にも3番。タックルのセッティングをし、スタート時間を待つ。そうこうしてると、6時過ぎにスタート。先ずは桟橋エリアに入って水温を手でチェック。気温に比べたら明らかにあったかい!トップでもいけそう!しかし、1オンスクラスのトップをキャストするが、リールに問題発生!前日の夜に確認した時は問題無かったのに~、と言ってもどうしようもない……トップは諦め、サムルアーズさん1本で攻めることにした。スラローマー、サムバイブ75F、SS、suming-70F〜Sで表層からボトムまで攻めるもアタリも何にも無い……バスいるの?って感じ。嵐山FAにはトラウト狙いで来たことはあるけど、バスは初めて。桟橋エリアは諦め、車に戻ってタックルの組み直し。FB60CWを投げれるようなタックルを用意。参加者のMさんとお話した後、今度は菖蒲池の陸から攻めることにした。
暫く歩いてチェックしていると子バスとギルを見つけ、ここでセコセコ作戦に変更。小さいバスでも釣れたら入賞するかも?と思い、FB60CW、suming70Fで攻めるが、反応はするもののあと一口のバイトが無い!!大木の下に子バスがいたので、虫パターンかと思ったが、虫ルアーは無い……ここは諦めて、別の場所で「何投げようかなぁ~」と悩んだあげく、ペラのあるルアー FP-60CWホログラムワカサギ?、ハス?をキャスト!すると、一発で食ってきた!サイズは36cm。まぁまぁか?この時のパターンは、カウントダウン後にコンクエスト101を3.5~4秒位でハンドルを1回させるというスローリトリーブ。今日のパターンはこれでいこう!と攻め方を絞ったものの、他の浅瀬はウィードだらけ。暫く池を歩いているとウィードが無い場所を見つけ、そこには子ギルが沢山浅瀬にいた。ただ、やたらと白っぽいと言うか透明感がある体色だったので、ゴーストカラーか?と思いつつも、さっきヒットしたワカサギカラーをキャスト!数投目にあと少しというところで見切られたのか反転する魚が深場で見えた。もしかしてバス?と思い、 Lipless suming-70FP2 ゴーストアユカラーに変更。リトリーブスピードはさっきと同じ。数投目、しっかりフッキングしたバスをランディング。サイズはさっきと同じか?メジャーで測ると35cm。1cm小さかったが、メチャメチャ嬉しい!もう1本、と思い投げ倒すが、タイムアップ。集合場所に戻った。Wild-1の森本さん始め、サムルアーズの社員Aさん、嵐山FAの方、多くの方々に感謝!大変楽しい一日をありがとうございました!そろそろ琵琶湖に出撃せねば!みなさん、Good Fishing!

sum山岡の一言

優勝おめでとうございます。プロペラ付きで良いサイズが2匹で優勝とは、ひらり〜さんも当然ですがFPも頑張ったもんです。最近FPが好調の様に感じます。僕も使おうと思って持って行っているのですがつい他の物を使ってしまって、、、。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum