fishing_report

Date:
2017.11.15
Place:
大阪南港
Angler:
社員A&サム山岡&TOさん
時間:
14:30~19:00
スタイル:
陸つり
天候:
晴れ
気温/水温:
到着時気温18℃
風向き:
南西(中風)
水面状況 :
中潮、日没頃満潮、波有り
lure SUM VIB 15G
釣果 3 fish
最大 指四本

実は数年前にウォルトンさんの取材もかねて神戸方面に一度だけタチウオ釣りに行った事があるのですが、その時は確かコトカスミディアムにバイトのみでノーフィッシュでした。その時に旧サムバイブシリーズも試していたのですが、残念ながら結果は出ませんでした。と言うよりもその日は条件が悪かったのか、何十人も並んでる釣り人中で一人位しか釣れていた方を見掛けなかったので、テストにもなってなかったかな。さて、今回はどうでしょうね。今回は毎秋のイトウ釣りでも皆さんご存じのTOさんに案内してもらいました。ポイント的には誰でも知っていると思われる大阪南港ですが、やはり経験者に連れて行ってもらえるというのは安心感があります。到着時刻は14時過ぎだったと思いますが、既にアジ狙いの釣り人がチラホラ。それにしてもこのポイント、突堤高さが海面から3〜4メートルありまして、慣れない僕とサム山岡はビビりまくりです。高さに加えて波も結構あって、その波を見ていたら体が揺れて落っこちそうです。ライフジャケット持ってきて良かったわ〜とつくづく。しかし、周りを見たら誰一人そんな重装備アングラーおりませんねん、おじいちゃんですら。さて、今回は初タチウオを釣るという課題に加えて新作サムバイブ15G一本勝負というハードルを設けて挑みます。いや、ハードルと言うより、多分サムルアーズラインナップでは一番釣りやすいのが、この15Gだろうと思っております。飛距離も出れば水深も稼げるし。逆に申しますと15Gが完成したらタチウオ釣りに行こうと思っていたくらいです。取り敢えず時合いが来るまでキャストを繰り返しイメージトレーニング。ちょっと風が強くて高所から細かいロッドワークが難しいです。となれば基本の沈めてからのただ巻きを行い、周りの釣れ具合を見つつ作戦を考える事にします。日落ちてきた頃、隣の気さくなお兄さんにバイトがあったとのお話し。そろそろ時合いか?!と思っていたら。ガシャガシャって感じの明確なアタリ!残念ながら初バイトはフックアップせず
。その後、ヒットした巻きスピードで繰り返していると再びバイト!今度は魚の重みが伝わってきます。タチウオの初ファイトは引く様な引かない様な・・・魚が小さいのだろうと言うのは直ぐに分かりましたが、流石はタチウオ長さは立派です。撮影を終えて今度はアワビプレートモデルで爆釣するんちゃうかと狙っていると再びバイト!同クラスキャッチ。でもね、アワビプレートの効果は無かったのか続けて釣れはしませんでしたね。その後は暗くなる前にもう1バイトピックアップ直前の早巻きに飛び出てきましたが追加出来ず。そんな中、隣ではTOさんがドラグを鳴らすほどの良型を15Gでヒットさせてくれました。指四本くらいになると流石に迫力がありまな。あんなのが釣りたいなと、その後しばらく頑張りますが追加無し。サム山岡も1バイト有りましたがキャッチには至らず。そして知らない内に高い突堤にも慣れてました。まぁライフジャケットは次回も着用しますが!また、今度はもう少し15Gをテクニカルに使って大物を狙ってみたいと思います。

sum山岡の一言

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum