fishing_report

Date:
2017.12.3
Place:
朝霧池
Angler:
あおぶるさん
時間:
7:00~16:00
スタイル:
陸釣り
天候:
晴れ
気温/水温:
不明
風向き:
不明
水面状況 :
不明
lure S45cw
釣果 二人で 4 fish位
最大 約50cm

ご無沙汰しております。この時期の恒例行事?朝霧池へ、師匠saddaさんもお誘いしまして今年も行って来ました。この日は午前中に大会があり、それに合わせて放流があるそう。朝早く現地に到着すると、10台以上の車の列がありました。し烈な場所争いが既に始まっております。まぁ大会に出るとは言え我ら、ベイトオンリー、プラグオンリーですので、気楽にいきます。受付、準備を済ませ、開始の合図と共に釣りスタート。朝の早い時間、反応はあるんですがバイトが小さく乗りません。師匠も同様、やっとかかったかと思えばちびっ子ニジマスです。ただ、やはりアタリを取る数は師匠の方が圧倒的で、流石です。時間が経つにつれ、反応が少なくなってきました。周りの他の釣り人もぱったり釣れなくなりました。手を替え品を替え、なんとか反応を得ようと頑張りましたが、午前中は終了。昼食休憩、自然の中ですするカップ麺は本当に美味しい。寒い時期は尚更です。さあ、復活して再開です。大会が終わると一気に人が減り、場所もある程度選べるようになりました。一番期待出来そうな場所に張り込み、ブレイクを彷徨いてそうな大型を狙います。何度も魚影は確認しますが、なかなかヒットには至らず。師匠もアタリ、チェイスまでで苦戦。張り込んだ場所を見切り、同じようにブレイクが狙える場所をランガンしますが、反応なし。なんだか池全体の生命感も薄くなった感じで、敗戦ムードが漂います。最後に池の端のシャローへ移動することに。一投目、二人ともにアタリ有。しかも足元までチェイスしてくる。サイズは小さいですが、ここに溜まっとったか~。すぐさま師匠が20センチくらいのニジマスをキャッチ。なんやこれーとサイズに不満そうですが、釣れて羨ましい。サイズは問わんから僕も釣りたいーと思いながら、S45cwをキャスト。水面下30センチくらいをスローに巻いてきます。途中、沈み物に引っ掛けた様な感触。ヤバいと思い巻くのを止めると穂先に生命感。テンションを掛けると予想外の重量感。かなり焦ったやり取りも52ULと師匠のネットのおかげでなんとかキャッチ出来ました。約50センチのお腹でっぷりニジマスでした。去年もでしたが、S45cwのスロー引きは頼りになります。今回も粘ってなんとか魚の顔を見られましたが、やはり朝霧池は難しいです。師匠が言っていました、「ここは本当に精神が鍛えられる」と。

sum山岡の一言

今まで見た事無い、何が入っているのか知りたいですねえ。食べ物ならここまで食べなくてもエエのに、と言うくらい大きいですねえ。見事なニジマスでした。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum