fishing_report

Date:
2018.1.4
Place:
朽木渓流魚センター
Angler:
宮川さん&ひぃ君
時間:
8:30-16:40
スタイル:
陸釣り
天候:
気温/水温:
不明
風向き:
不明
水面状況 :
クリアー
lure S45cw
suming-50cw
○秘
釣果 2人でイワナ15fish・ニジマス2fish・ヤマメ4fish
最大 ニジマス38cm

今年の初釣りを息子と準備して、天候の良さを祈って迎えた日は積雪情報と降雪予報。雨じゃなきゃエエわぃ!と朽木渓流魚センターさんへと向かいました。現地ではkanemaさんとカナ吉氏とも合流予定です。オヤジは「初釣りはこれで」と決めていたS45cwでスタートするも、追うが食わない渋い印象です。しかし、ひぃ君の方はkanemaさんの真似をしながらアクションさせて、同じS45cwでポロポロと釣り始めています。オヤジタックルのラインがリーダー8lbという(失くさないこと優先)第2ポンドでのマル秘テスト用チョイスでしたので、オヤジはそそくさと移動。マル秘の中層リトリーブを、流れ出しの脇にできるヨレるラインにタダ巻きしてニジマス3ヒット2キャッチ。同じくマル秘で色々と試してみますがヒットには至らず。それでも中層をシェイキングでギラつかせながら巻くと強い反応がありました。第1ポンドでリーダーを6lbに落としてやってみると追ってくる数が激増しました。その間に、ひぃ君が着実に釣っている(リーダー4lbフロロ)とのことで、後半はオヤジも溺愛のS45cwを楽しませてもらいました。しかし釣れるのは息子ばかりでオヤジ完敗宣言。カナ吉氏もkanemaさんも、ひぃ君に良い場所に立たせてくれていることに感謝です。結果ひぃ君はS45cwとsuming50cwで、イワナとヤマメ16fishの釣果となり、時折吹雪く雪景色の中でのみなさんとの釣りを堪能したようです。本人は「アクションを変えたり投げる方向を変えるだけで反応が変わって面白かった」と申しております。あの美しい里山の雪景色でダブルヒットの写真まで撮れて、オヤジは満足です。また、この日は我が親子の釣行を知って、同僚が息子さんを連れてやってきました。ミノーで狙っているのですが「全然釣れない」というのでS45cwをお貸ししたところ、44cmのイワナを釣り上げるというドラマがあって大変喜んでいただけました。ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました。そしてサムルアーズ山岡さま、ユーザ仲間の皆様、本年もよろしくお願いいたします。

sum山岡の一言

ひぃ君へ。」たぶん初体験の管理釣り場で、ミノーのみで挑んで16匹は上出来です。素質あります。雪の方が雨よりましですが、濡れた手の冷え方は半端でないのによく頑張りました。アレが一段落したらサクラの咲く春です。サクラが咲き出すとバスが釣れ出します。風邪を引かない様にして下さい。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum