fishing_report

Date:
2018.1.9
Place:
Lake Biwa
Angler:
ゴンさん
時間:
22:30〜4:30
スタイル:
陸釣り
天候:
晴れ時々曇り
気温/水温:
気温1°/水温不明
風向き:
南東より 微風時々強風
水面状況 :
小波時々中波
lure suming-70SP
釣果 1 fish
最大 47㎝

少し遅くなりましたが、なんとか2018年の初バスを釣ることができました。近年まれにみる大苦戦で、覚えているだけでも昨年の12月から8回連続ボウズ(その内 2017年12月30日の釣り納めには、ハス1匹。2018年1月3日の初釣りには、まあまあ良型サイズ?のバラしのみ)で、かなり不安でしたが『とにかく釣り場に行かないことには釣れない』と、挑んで参りました。当日はかなり寒くて時折強風も吹き荒れる中、最初のポイントも2ヶ所目もアタリ無し。最後のポイントでもアタリ無しで、ひとりふたりいたアングラーの方々も皆帰ってしまい、釣り場には僕ひとり…時間もそろそろタイムリミット。最後に敢えて、僕が一番苦手としていて、まだ良型の実績の無いサスペンド・ミノーのsuming-70SPを「頼む‼︎ この最高に厳しい状況で、最高の魚を連れてきておくれ‼︎」と、祈るような気持ちでキャストして、丁寧に流していると、少しルアーにテンションがかかったような気配がして、巻き合わせしてみると、なんだか重い。
「しまった。ゴミを引っ掛けてしまったかな⁈」と、やや強引に巻いてくると、沖でエラ洗い⁈「バスやん⁈」と、慌ててやり取り開始。それから2度,3度とのエラ洗いをかわしながら「頼むから、バレないでくれ‼︎」と、めちゃくちゃ焦りながらも、なんとか手にすることができました。計測してみると、47㎝。丸々と太ったナイスコンディションの、2018年初バスが釣れてくれました。それから、次なる釣果を期待してキャストしましたが、なんだかsuming-70SPの引き抵抗が無いので「フックにラインが絡まったのかな?」と、ルアーをよく見てみると、なんと⁈リップが折れてしまっておりました‼︎先のファイト時に負荷がかかっていたのでしょうか?しかし、「こんな厳しい状況で、良い魚を連れてきてくれてありがとう‼︎」と、心の中でsuming-70SPに感謝して、納竿となりました。追伸…帰宅して、リップの折れたsuming-70SPを見たら、折れたところが口のようになっており、なんだか彼が、笑ってくれているように見えたのは、僕の気のせいでしょうか?サミングくん、ありがとう。

sum山岡の一言

2018年初バスゲットおめでとうございます。信頼の出来るルアーが戦力に加わることは嬉しい事です。問題は同じカラーの入手ですが他のカラーでもなんとかなるとおもいます。リップの折れたsuming-70spはリップレスサミング(ベリーフックは#6にご変更後)としてご使用下さい。活躍してくれるかもしれません。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum