fishing_report

Date:
2018.2.9
Place:
淡路島
Angler:
失態釣り師壱号さん
時間:
午後7時    
スタイル:
陸釣り
天候:
気温/水温:
気温7℃
風向き:
無風
水面状況 :
小潮/干潮直前
lure SUM VIB 13G
釣果 2 fish
最大 72cm

ずい分ご無沙汰しております。昨夜サムバイブ13Gにてスズキ2匹釣れましたので報告です。淡路島の由良生石は、江戸時代に人力で開削された水道で、干潮時には強い流れが生じるため好ポイントとなっています。関西のシーバスフィッシング黎明期からのメジャーポイントですが、ここ10年ほどは釣り荒れ感が強く、坊主で撤退する方が当たり前の状況が続いています。それでもシーズンにはまだまだ人も多く、ほとんどのアングラーは飛距離の出る最新式の3本フックのフローティングミノーを使っているようですが、他人と同じことをやっても、腕のない自分に釣れるはずがないのです。川のように流れるので、フローティングミノーを使っている隣のアングラーとオマツリを避けるためにバイブレーションプラグやダイバータイプのフローティングミノーやシンキングミノーで、底近くをじっくりトレースするのが自分流の攻め方です。今回、ここで使うにはやや軽いかなと思いつつも、サムバイブ13Gを初めて使用してみました。潮上にキャスト、ラインスラックを取って、潮流に馴染ませながらドリフトさせていきます。
潮の流れの強弱でアクションが追従して変化していくのがよく分かります。ピラピラ! ピラピラ! スー、ピラピラ!という感触です。なんと、1キャストでヒット。65cmですが、元気な個体が釣れてくれました。1匹釣れたら、基本的にそのルアーはもう使わないのですが、しばらくやってアタリがないので、再びサムバイブ13Gにチェンジ。同じように流していくと、またもやヒット。今度は72cm、銀ピカの個体。満足したので、終了。根掛かりするほど底まで沈みませんが、シンキングミノー的な感覚で使えるアイテムですね。他のタイプも有効な場面を探していきます。

sum山岡の一言

綺麗で美味しそう。他のタイプも使ってみて結果をお聞かせ下さい。数タイプあるので流れの強弱に合わせたり、棚を選んだり出来るので面白いかもしれません。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum