fishing_report

Date:
2018.3.3
Place:
高原川(支流)
Angler:
saddaさん
時間:
午前6時〜8時
スタイル:
ウェーディング
天候:
晴れ
気温/水温:
気温-2度/水温6度
風向き:
不明
水面状況 :
不明
lure S45cw
suming-50cw
釣果 ヤマメ 4 fish
レインボー 1 fish
最大 レインボー 45cm

例年通りの激務期間終了とともに今年も渓流解禁がやって来た。やはり行かねばならぬと勝手な使命感をモチベーションに僅かな体力を振り絞り奥飛騨へ向かう。しかしそう意気がってみたものの現実は弱気。今日は「目標1匹、午前中限定」とライトに設定。かつ隣にカミさんを乗せてもはや目的は観光。現地に着くと意外にも人は少ない。解禁は天候こそ大荒れだったようだが、後から聞こえてくる情報が景気のいいものばかりであったことに少々首を傾げてしまう状況。疑問を持ちつつも、これはラッキーとポジティブに考え、いつもの場所を独り占めして打ち上がる。このシーズンの鉄則は「ゆるい大場所、しっかり掛ける」こと。開始早々バイトをとるが非常に浅い。早春によくあるラインにも出ないバイトだ。ならばしっかりトゥイッチしてヤル気のある魚をしっかりフックアップさせるだけだ。毎度の場所は不発で通過、細かい流れの小さなスポットに差し掛かるとターン後のルアーにバイト。本年初キャッチは綺麗なヤマメ。珍しくかなり表層で喰ってくる。パターンが判れば再現するのみと同じプロセスで2匹追加。ヤマメばかりだがだんだんサイズもよくなって来た。しかしその後は生命感が途切れあれよあれよで折り返し地点。そして最後の大場所。岩陰裏にS45cwを打ち込みリトリーブを開始すると大きな影がチェイスしてくる。激しくダートさせるとパクッと食い付き大きくジャンプ。久しぶりの衝撃に少々動転したが、すぐに冷静を取り戻すと46ULプロトのパワーで動きを制止、ドラグコントロールとリフトで浅瀬に寄せてキャッチ。なんと45cmのワイルドレインボー。この渓には似合わぬまさかのグッドフィッシュとなった。興奮を冷まそうと下りでもう一つ良型ヤマメを追加して今日は終了。噂通りの好調に今年は期待できそうだ。そして今シーズンは何か起きそうな予感がする。久しぶりに楽しそうなシーズンになりそうだ。

sum山岡の一言

今年は良いスタートで今後に期待します。レインボーは回復途上ですがヤマメは回復してきて、しっかり食事しています。今年はサクラマスも狙われるそうですが、こちらも期待しています。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum