fishing_report

Date:
2018.3.15
Place:
Lake Biwa
Angler:
SAIさん
時間:
16:00-20:30
スタイル:
ウェーディング
天候:
曇り
気温/水温:
気温:19度/水温11:度
風向き:
南西小風
水面状況 :
小波
lure suming-70SP
釣果 1 fish
最大 36cm

前回釣行以降、湖西ホームの浜で、ポイントやフィーディグ時間、潮、放水量、水温、気温等色々と考えて釣行しますが、ノーバイトの2か月間、完全に自身見失って季節が今年も移りすぎてしまいました。今回の釣行は、湖西から南湖西岸へ釣れる可能性が高いポイントです。本日は最高気温が23度と5月上旬の気温、夜間にかけて雨の予報、条件としてはかなりの好条件。しかし、メジャーポイントで、等間隔にウェーデイング、かなりのプレッシャー。岸際は、SUMING-90CW(改)/チャンク(改)/スラローマーを軸に、沖は、SUMVIB13G/SS/スラローマーで探っていきます。メジャーポイントは人が多く、その手前一人、二人と空き、自身が一番入りたいところが空きましたが、すぐに入らず。15分ほど隣の空いたポイントで撃ちます。運よく誰にも入られずポイントへ、何気にsuming-70SP・wild-1限定カラースポーニングレッドを手に取ります。岸から10-15mラインをスローに巻いて2投目にコツンと待望のヒット!リアフック針1本慎重に取り込んでの釣果となりました。大きくないですが、嬉しい1本となりました。以前知人に春は「赤」に反応すると助言いただいたことが何気にルアーを取ったことが良かったかもしれません。そのあと2本目と、辺りが暗くなり、ほとんど人がいなくなり、岸よりで木が絡む沖をスラローマー(ダブルピンク)で中層~下層を引いてくると、ぬんと重たい感触!グーと引いてくるとラインブレイク、大切なダブルピンクをロス!恐らく根かかりでしたが、60upと思いこみ気持ちを落ち着かせ、ここで止めとけばよかったですが、2か所目のポイントへ!!数投で帰ろうと最後のSUM VIB 13G沖に投げて引いてきたものが何故か木の上に、ラインが木の枝によって知らないうちに…気にいっていたギルカラーをロス!!環境にも良くなく、自身のポンコツ釣りぶりを嘆くばかりとお後が悪い釣行となりました。やはり、もう1本と欲を出すとだめですね、魚がスレないように時間/ポイントを決めてテンポよく釣行することを今回釣行で学びました。sumluresでのロクマルの夢みて釣行に励んでいきます。ありがとうございました。

sum山岡の一言

低温と降雪で、ワカサギ絡みでの大きなお腹のヒットも期待通りいかなかったようですね。ようやく暖かくなった時はワカサギ居らず。同じ日に湖西へ出掛けましたが浜にベイト見掛けず。妖しいアタリがチャンクに一度だけ、懲りずに17日も出掛けましたがノーバイトでした。1匹釣る為にまた出掛けます。ありがとうございました。欲が無いと駄目です。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum