fishing_report

Date:
2018.4.2
Place:
Lake Biwa
Angler:
SAIさん
時間:
16:00-21:00
スタイル:
陸釣り
天候:
気温/水温:
気温:22-16度 水温14.5-15.5度
風向き:
北西小風→無風
水面状況 :
小波→凪
lure suming-70SP
Lipless suming-70FP
釣果 2 fish
最大 52cm

最近は、南湖西岸で、ウェーディング中心に釣行励んでいますが、まだ数回の開拓ポイントではなかなか上手くいきません。本日は、大潮+潮目+気温が夏日に迫ることで、好条件かと少し期待しての釣行です。気温も高く、レンジは中層~上で、バス目線が上を向いているイメージで、岸際は、suming-70SPを軸に、ただ巻き、ゆるめのジャーク、ポンプリトリーブ、ストップアンドゴーのアクションも加えつつ沖は、SUM VIB 13G/SS/スラローマーで探っていきますが、そんなに甘くいきません。先陣の人が帰り、空いたポイントで、リップラップあたりをsuming-70SPで巻いていき、もうないかなと少し回収ぎみに巻くいていくと何か重たくなって、ヒット!!32cmのバスが掛かってくれました。釣ったというより、勝手に釣れた感じで1箇所目は終了。今日は条件的に、岸寄りにバスが入っているはず!確認も含め、自分の春先実績ポイントへポイントへ変更。ここはウェーディングではなく、陸っぱりでのアプローチとなります。ワンドとサンドバーが絡む地形で、バスがどこにいるかを想像してまずは、サンドバーのブレイクラインをsuming-70SP→サンドバーにフィーディングをイメージしSUMING-90CWのデッドスローも不発。スラローマー、SUM VIBもローテ!風もなく、凪、月明かりもかなり明るく、だんだんと昇る月、やっぱり厳しいかとしかし、3年前初めてレポートを出した時、2回目のレポートもこの浜で、ヒットルアーが「Lipless suming-70FP」!!サムルアーを使い始めの時はエースルアーであったのが、この何年かヒットすらない状況が続いていました。3年前と条件が重なり、Lipless suming-70FPを沖へキャストします。5秒ほどしてから巻いていきますが、いつもはレンジを意識していたのですがこの時は、プロップとわずかに動く感じを感じれるリトリーブスピードに勝手に巻いている感じでした。すごく集中して、ルアーから何か心地よい感覚を感じながら巻くとやんわりと重たくなり、ヒット!!あまり引いてきませんでしたが、計測にて52cm今年初ランカーが掛かってくれました!以前アドバイスで、プロップ系しか反応しない魚がいて、何も反応ない時に効果的なことがあると。最後の1投が3年前の再現となりました!このポイントがプロップ系に有効なポイントだったかもしれません?感謝です!!sumluresでのロクマルの夢みて釣行に励んでいきます。ありがとうございました。

sum山岡の一言

人間は流行の食事がありますがバスもある様で、去年は良く食ったのに今年はさっぱり食わんなあ、ということもあります。自然の状況が変わるのでしょう、場所による差もあるようです。ロクマルゲットのお早いレポートをお待ちしています(プレッシャーを与える)。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum