fishing_report

Date:
2018.5.26
Place:
Lake Biwa
Angler:
宮川さん
時間:
6:30-9:30
スタイル:
陸釣り
天候:
曇り
気温/水温:
不明
風向き:
東風微風
水面状況 :
小々波
lure FRANK SUM CW
釣果 1 fish
最大 54cm・2605g

天候の様子を調べていると、最近よく思っていた「日中のトップで釣りたいなぁ」に、適した午前中になりそうな土曜日の事でした。しかし多忙な毎日が続いて少々疲れぎみなので、夜が明ける前の時間にアラームをかけるなどして無理するのは控え、たまたま早く起きられたら釣行しようと決めて就寝。自然に目覚めたのは4時半頃で、琵琶湖に行きたがっている自分に笑えます。それからラインを巻き替えるなどの用意をして、サムルアーズのプラグ4種を入れたケースと、55Lのタックル1本を積み込んで出発。最初に行ったポイントでは先行者さんもありでしたが、その周辺のエリアを見ておきたかったのもあってファットサムJr.で広くテンポよく探りながら、ルアー操作を楽しみました。ここでは一度、50はあるかな?な良型バスが見の前まで追尾してきたのと、もう少し小ぶりなバスが回遊しているのを観察して移動。次のポイントに到着すると小魚も多く見受けられて、時折大きなニゴイが岸近くまで回っています。ボイルは見られませんが、幸い他の釣り人もおられないので、こってり思い通りに出来るうえに向かい風微風の小々波というラッキー。期待をのせてここではフランクサムCWをチョイスして、『この辺良さげ』な場所をネチネチと、広くはテンポをあげて探りました。アユがたくさん居そうな場所の沖側へ斜めに遠投してアクションさせながら寄せてくるペンシルベイト。このキャストが、最高の思い出を作り出すことになります。波打ち際へ残り10m程でしょうか、魚が付いて来ているのが分かりました。チョンと小さく水しぶきをあげてダイブさせるフランクサムCWは、こちらは寄り過ぎずに真上に浮き上がり、頭が出たらまたチョン。徐々に岸へと近付くルアー、魚はまだ見ています。ニゴイ?でも何でも食ってほしい。チョポン~プルン~チョポン~プルン~。付いた魚が体を横へ向けて遠ざかる。バスや…あかんか…食わんてか…いや回り込んだ。チョポン~プルン、すーっと横から寄ってくるバス。チョポン~プルン~チョポン~バチコーン! 食った! 丸見えバイトが、浮上するフランクサムを襲いました。嗚呼…最高。このカッコエエ魚に、この美しいフォルムのプラグ。この可愛い魚に、このキュートな機能美。グリーンに輝く魚体、フランクサムの深みの効いたカラーリング。この透明な水、ブラックバス、全部ぜんぶ、ありがとうございました。

sum山岡の一言

食いつくまでのドキドキは堪りませんねえ。期待道理の面白い釣りが出来て良かったです。27日に湖西へ電車で出掛けました。一度ニゴイに混じって30センチ位のが追いかけてきたのと、岸近くまで水面を盛り上げてコアユを追いかけて来ましたがミスキャスト、ワンチャンスを生かせずでした。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum