fishing_report

Date:
2018.5.31
Place:
Lake Biwa
Angler:
HAMA-Kさん
時間:
22:00~23:00
スタイル:
陸釣り
天候:
気温/水温:
18℃
風向き:
南西弱風
水面状況 :
不明
lure chunk
釣果 2 fish
最大 52cm

状況把握のために訪れたポイントです。まずは、サムバイブSSで表層付近を速いテンポでひと流し。次にレンジを落として、ゆっくりテンポでひと流し。足下のウィードの成長を感じ取ります。お次はチャンク。数投目の着水時、ゴボッと吸い込むような音が聞こえました。おそらく着水地点付近だと思われる。もしかして食ってる??半信半疑でリーリングをスタートしましたが、抵抗なくルアーのブルブルしか伝わってきません。それでも追尾してきている可能性を信じ、トゥイッチを加えながら慎重にリーリング。足下のウィードまで巻いてきた時、ガッツーンでした。実際、着水時から狙っていたのか分かりませんが、こんな釣れ方もたまにはよろしい。その後、少し移動して1匹追加して終了。釣れた魚からも分かるように、まだまだ回復せなあかん魚達です。食い方も荒々しい。ウィードも生えてきた、アユもいる。となれば、日中でもガボッ、ガボッ?忙しくなりそうです。

sum山岡の一言

回復途上ですが綺麗なバスです。相変わらず上手いもんですね。聞くところによると、日中に50ぐらいのバスがコアユに混じって目撃出来る位置にいるようです。ルアーに反応しないようですが、ジェットスクーター等が近くを走った時の波でコアユの動きが変化し、バスの食い気がたつ事があります。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum