fishing_report

Date:
2018.6.8
Place:
Lake Biwa
Angler:
サム山岡&社員A
時間:
10:00~15:00
スタイル:
陸釣り
天候:
気温/水温:
気温24℃
風向き:
南東(微風)
水面状況 :
凪〜小波
lure FB60CW
釣果 3 fish
最大 53cm

有り難うございます!ようやく浜で”ブラックバス”を釣りました。ホームの筈なのに何をしとったんやと思いますね、自分でも。この日はここ数回の釣行からして期待の持てる日だと思っておりました。先行者の方もおられましたが、立ち込んでいた様子も無く、ポイントは良い状態がキープされていそうでした。サム山岡も到着して直ぐにボイルを確認した様で、後はじっくり腰を据えて魚が差して来るのを待つのみ。腰を据えてと書きましたが、これは正に座って釣るというスタイルなんです。サム山岡は波打ち際から少し離れて座り込んでキャストを繰り返します。特にボイルを待って釣るという訳では無く、この日はFB60CWをキャストし、沈めてからゆっくり巻きつつ小さくアクションを加える中層での釣りです。私の方は立て膝や屈んだ態勢でほぼ投げずに待つ釣り方。ボイルが起こってから終わるまでの時間は概ね10秒以内でしょうか。時にはボフッと食ってそれで終了の場合もあります。キャストしたルアーを回収してから狙っていては間に合わないんですよね。また、単独でフィーディングしている個体を狙うのは結構難しい。複数匹のグループがフィーディングに入った時が高確率です。釣り初めて最初のバイトはサム山岡に。このバイトはフッキングに至らなかった様ですが、魚はバスかニゴイか・・・その数分後再びサム山岡の声が。どうやら今度はフッキングが決まった様で駆け付けるとバスが水面を割ってジャンプ。取込を見ているとファイト中のバスの後ろに3,4匹同サイズ付いています。以前からこの魚が釣りたかったんですよ!すかさずFB60CWを投入したところ、なんと全くの無視。彼らが気になっているのはファイト中の仲間が咥えているFB60CWの様です。ルアーの選択が違ったり、岸から離れた状態だったり、水面が波立っていたりしたら結果は違っていたかもしれませんが、想像していたより難しいことが分かりました。そしてその後は私が上手くボイルを直撃出来て2フィッシュをキャッチ。他にバラシもあって今シーズンでは好条件だったと思います。昼間の琵琶湖の浜で座って釣りをするなんてスタイルは、傍から見ると釣りを知らん釣り人のお遊びに見えるでしょう。でも、ポイントによっては非常に効率的なスタイルと言えます。だって目の前数メートルで50アップのボイルが起きる訳ですから。この様子は後日動画でもアップさせて頂きます。

sum山岡の一言

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum