fishing_report

Date:
2018.10.5
Place:
Lake Biwa
Angler:
ゴンさん
時間:
21:00~4:00
スタイル:
陸釣り
天候:
曇り時々雨
気温/水温:
気温26℃ / 水温不明
風向き:
南東及び東からの風(微風〜やや強風)
水面状況 :
小波〜中波
lure suming-70F
cotocas medium
釣果 ハス 2 fish
バス 1 fish
最大 54cm

夏に1度釣行して以来なんだかテンションが上がらず、しばらくの間あまり釣りに出かけておりませんでしたが、先の冬季に苦楽を共にした釣り友くんよりお誘いが有り、久しぶりに琵琶湖に行って参りました。当日は台風通過後のやや荒れ模様の天気でしたが、水量も多くなり、釣りやすくなっているかなぁと期待しましたが予想に反して魚からの反応は芳しくなく、ポイントを3ヶ所もまわりましたがバスのアタリも無いままにタイムリミットも迫り、最後に一縷の望みを託して、この日2ヶ所目にまわった自分の中での本命ポイントに再び戻りました。その最後のポイントにて最後の勝負をしていましたが、やはり魚からの反応は薄く、その日の敗北を覚悟し諦めかけていたその時、同行していた釣り友くんから「コアユを追ってバスが2匹、足元まで入ってきてましたよ〜」との本当に貴重な情報が。「これは最後のチャンス‼︎」と、なかなか新しいサムルアーズの補充ができずに困っていた僕を不憫に思った先輩釣り友さんが先日プレゼントしてくださったコトカスミディアムをルアーケースより取り出し、岸際を丁寧に流していると、『パスっ‼︎』と、水面のコトカスミディアムが吸い込まれ、サムスティックLight Trip 55L-CSCHE が『ギューン!』と絞り込まれ、フルロック状態のリールから『ギリっ…ギリっ…!』と、ラインが引き出され、バスが障害物に向かって突っ込んで行きます。それから更に、二度三度と突っ込まれ、「危ないっ‼︎」と、かなり焦りましたが、サムスティック55Lの『柔よく剛を制す』ようなトルクと粘りを信じ、最後は無事に魚を岸際に上げる事ができました。サイズを測ってみると54cmでしたが、過去にサムスティックで釣り上げた59cmや58cmの魚より圧倒的に引いてくれて、ハラハラドキドキさせてくれた本当嬉しい魚でした。しかも、今回の魚は、久しぶりに釣りに誘ってくれた釣り友くん(前回レポート投稿させて頂いた58cmをもたらせてくれたスラローマーを、わざわざ遠くから買いに連れて行ってくれたあの彼です)が見つけて教えてくれたアドバイスと、いつも何かと気遣ってくださる先輩釣り友さんからプレゼントして頂いたコトカスミディアムという、かけがえのない2人の釣り友からの優しさのおかげで手にすることができた素晴らしい魚だと思います。そんな素晴らしい釣り友と出逢わせてくれた釣りに感謝。そして、数々のドラマを生み出してくれて、楽しく思い出に残る釣りをもたらせてくれるサムルアーズに感謝です‼︎これからもサムルアーズで『記録より、記憶に残る』魚を釣っていきたいなぁと思います‼︎ありがとうございました。

sum山岡の一言

素晴らしい知人をお持ちで結構です。まだコアユが小川にも沖にも居ますからこの季節のバス釣りを楽しむ事が出来ます。またお出掛け下さい。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum