fishing_report

Date:
2019.1.11
Place:
Lake Biwa
Angler:
WILD-1京都宝ヶ池店スタッフ中村さん
時間:
23時~0時
スタイル:
陸釣り
天候:
晴れ
気温/水温:
不明
風向き:
ほぼ無風
水面状況 :
穏やか
lure chunk (スローフローティングチューン)
釣果 1 fish
最大 54cm

明けましておめでとうございます。と、ゆっても、もう年が明けてだいぶんと経ちますが、やっとこさ初バスを手にできました!!風は無く、穏やかだけど水は動いてる感じで雰囲気は良かったです!!チョイスしたルアーはチャンク。板重りでスローフローティングにチューンしてデットスローでゆっくりゆっくり超ゆっくり巻きます。カニ歩き作戦で一投ごとに三歩移動してデットスローを繰り返す。っと足元でごーーーーん!!グッドルッキングバス!!初バスにこいつは出来すぎ!!?たぶんこのチューンは最もスローに中層を引いてこれるセッティングかと思ってチョイス!!ゆっくり巻くと途中で回収したくなったり、巻き速度が速くなったりしがちですがぐっとこらえて、ひたすらデットスローで回収まで巻ききることが肝心。今回4バイトありましたが、全部岸から5~10m以内!!しっかり巻ききることが絶対的に大事で、社員Aさんもゆってはった通り必要以上の立ちこみは厳禁であることを再確認させられる釣行でした!!まだまだ、冬の琵琶湖はこれからが本番だと思うので、引き続き更なるビッグバスを求めてパトロールを続けようと思います!!

sum山岡の一言

この季節のバス釣りの楽しみはサイズと美しさでしょう。秋から初冬の魚の爆発力と馬力にはかないませんが、体力と時間が許せば出掛ける価値があり過ぎます。多くの餌は岸を動く、当然岸近くが良いのでしょう…次回のレポートをお待ちしております。ありがとうございます。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum