fishing_report

Date:
2019.1.16
Place:
Lake Biwa
Angler:
社員A
時間:
20:30~23:00
スタイル:
陸釣り
天候:
曇り
気温/水温:
気温4℃→3℃
風向き:
西微風
水面状況 :
ほぼ凪ぎ
lure ○秘
釣果 1 fish
最大 60UP

今週はこの日しか釣行日を選択出来ずでしたが、穏やかで釣り人には優しい夜でした。気温は3℃台ですが、全く寒さを感じません。こんな夜はリップレスサミングマスターさんがお得意のシチュエーションでしょう。リールのひと巻きひと巻きに集中力が高まる静けさ。さて、この日は昼の間に新作の試作を実釣で使い良い様に調整しておりました。裏の川で泳ぎを確認するのですが、厳寒期のナイトフィッシングに関してはベストと言えるセッティングに仕上げました。巻きスピードとトレース出来るタナ、そして動きがほぼ理想的。問題は強度くらいでしょうか。さて、最初のポイントに到着して緊張の一投目なのですが、いきなりこの試作から投げるのはそれ相応の覚悟が必要。無いはずの障害物が沈んでるかも知れませんし。と言う事でロストの心配が少ないサムバイブ75Fから。じっくり2コースをトレースしたところで"行ってみるか!○秘よ!”と沖目に軽くキャスト。ゆっくり巻いて岸から10メートル弱まで来たところ、流石に根掛かりの不安もよぎりますが、堪えて一定速で巻く・・・すると”グッ・・”って。アカン、やってもうたか?!とロッドを立ててみると穂先が動いとる、即アワセ!・・・ウ〜ン重い、かなり重い。異変に気付いた魚ドバンドボンと暴れ出す。ライトトリップの粘りを利用してじっくり寄せて浜にずり上げ成功。見た瞬間いったかなというボリューム。口閉じで60センチを若干超えておりました。それにしても試作の一投目でロクマルとは出来過ぎでしょう。自分自身かなりの自信になりましたが、皆さんも期待して頂いて良いかと思います。ただ、製品化まではもうちょっとお時間下さいね。そしてこの後、この勢いでもう1本釣ってみたいという衝動に駆られますが、そこはグッと堪えてタックルボックスに仕舞い、この夜はもう手に取りませんでした。この試作は製品版の為の一つの基準となりますのでロストだけは避けねばなりません。さて、1月中にあと2フィッシュ手に出来るかな・・・

sum山岡の一言

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum