fishing_report

Date:
2019.5.8~10
Place:
道北
Angler:
saddaさん
時間:
早朝から日の入り
スタイル:
陸釣り
天候:
概ね曇りのち雨
気温/水温:
気温7〜10度/水温5.2〜6度
風向き:
様々
水面状況 :
不明
lure suming-70F
suming-70SP
SUM VIBration SS
釣果 イトウ 4 fish
アメマス多数
ウグイ多数
最大 50cm位

すでに定例行事化しつつある北海道遠征。今年はサクラも咲いたことだしと鼻息を荒くして道北に挑んだ。昨年までの経験をしっかり整理し準備も万全。今年の目標は90オーバー、いやいやまさかのメーター超えと期待は膨らむ。結果、今回釣行では4匹のイトウをキャッチしたが残念ながらサイズは50cm程度と目標達成とはならなかった。しかし小さなイトウが釣れることは良いことで生態系がしっかりと維持されているエビデンスになる。釣り方はお手本通りベイトと風向き、そして日照量を読んでの場所選びが重要となる。あとはイマジネーションによる創造が釣果を左右する。とにかく北海道は手付かずの自然がそのままでフィールドのちょっとした変化が魚のレスポンスに直結する。これが面白い。本格的に遠征を始めて4年目になるが今回はイトウとのコンタクト数が圧倒的に増加した。よってここからが今後の課題であろう。やってることは間違えない確信があるが、北海道の激しい気象変化に引き出しひとつでは対応できない。今回はベテラン勢やロコアングラー達の出会いも多くさらにこの魚の習性を深く学ぶことができた。そして現地別れの時、来年もここに戻ってくることを決めた。最後になるが到着日にメーターオーバー、二日目に94cmがキャッチされた。悔しい気持ちを引きずっていないといえば、それは間違えなく嘘である。

sum山岡の一言

もし今回メーターオーバーそれも記録的サイズをキャッチしていたとしたら、来年の釣行はどうなるんだろう。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum