fishing_report

Date:
2019.6.10
Place:
愛知川
Angler:
ハルさん
時間:
18時~19時
スタイル:
陸釣り
天候:
晴れ
気温/水温:
気温25度
風向き:
無風
水面状況 :
lure cotocas medium (LUCKオリカラ)
釣果 ニゴイ 12 fish
最大 未計測

ふと橋の下に目線を落とすと、そこには子アユの群れに突進するニゴイが多数。これは面白そうと、藪を突っ切って川縁まで降りて行きました。水面を見ていると、トップでも釣れそうなくらいにボイルしているのですが、ニゴイの口は下向きについているので、ボトムものが釣りやすいです。しかし、水深が20センチ程しかないので根掛かりも視野に入れないといけません。サミングかコトカスで悩みましたが、ニゴイは目がいいのでディスタンスにも気をつけないといけません。飛距離が出るコトカスミディアムにラインを結び、白波が立っている流れに投げました。着水してから2トゥイッチでアピール、その後食いやすくするためにリーリングで底に沈めます。根掛かりしないようにゆっくり巻くと、ルアーの後ろにモコモコと水面に波を立ててチェイスする様子が見えました。もう1つトゥイッチを加えてやると、ガツンっと猛烈な当たりとともに、走り出すニゴイ。ドラグの音が川に響きます。ショートハンドルのトラウトロッドなので、魚の引きと自分の力の駆け引きがダイレクトに楽しめます。その後、日がくれるまで遊びに付き合ってくれたニゴイに感謝です。

sum山岡の一言

こういう状況を見れば釣ってみたくなります.釣り続けると手強いことに気づきます。だから面白い。大量のバスが夕立の土茶濁りの川を大きなボイル音をたてて上って来た夕方、これで釣れるだろうとファットサムを投げるが釣れず.帰ってからルアーの選択の誤りに気づき後日出掛けました。ミノーを投げるとガツンガツンと当たります。入れ食いのニゴイに1匹もバスは混じりませんでした。状況は全く違っていたのだから当然です。アホでしたが今でも悔しい。ありがとうございます。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum