初めてのバスとの出会い

最初にバス釣りに行ったのは大野ダム。
友人のH氏が大野ダムにバスという魚がいるらしいので
釣りに行こうと誘われ、20年くらい前の初秋に初めてバス釣りに行ったのです。
ルアーはH氏が買ってきたワーム
竿とリールは海用のスピニングタックルだったと思います。
このタックルは釣り場に行く途中、知人に借用。

地元の人にポイントを教えてもらい、その場所でワームをキャスト!
今思い出すとH氏の買ってきたワームには、プロペラがついていたような・・・
しかもまともにキャストなどしていたのだろうか・・・
はっきり言ってキャストは今でも上手くない。

ポイントは水中に杭のような、木の幹のようなものが・・・
そこでキャストしていたH氏が
「山岡!なんか魚が追っかけてきてる!」と、
私がその場に行くと、確かに杭のところに魚がいる。
2人で「あの魚なんやろなー」、「ニジマスかなー」と・・・

その後、たぶん1時間も投げていなかったと思います。
日頃釣りに行っていた渓流流に比べると、ポイントがやたらと大きく感じ
釣れる気がしなかったので帰路につきました。
何年も経ってから気づいたのですが
多分これが、私が見た最初のバスだったのです。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum