minnow pop
chunk


サム山岡が考えるミノーポップのコンセプト
理想的姿勢

(写真はハンドメイドモデル)

重心固定により、着水時の姿勢の美しさと
最初のアクションによる反応に至るまでの
最も理想的なオモリの位置、リップの設定を行います。

着水はよりソフトに

(プロトタイプ使用)

着水音に関しては、小型なので当然ソフトになります。
障害物にタイトに付いている魚をむやみに驚かさない事は
非常に重要なことです。

泡を噛んでダイブする

(プロトタイプ使用)

(プロトタイプ使用)

(プロトタイプ使用)

泡を噛んでの静かなダイヴィングから派手なダイヴィングまで
使い手のロッドワークに対して
出来るだけ正確に行えるように。
釣り人の多くがオーバーアピール気味のようです。
活性の高いときや低プレッシャーの時をのぞいては
静かな方が良いようです。

移動距離はより短く

(写真上二枚はハンドメイドモデル)

(写真はプロトタイプ)

このミノーの長所である移動距離の小ささ。
それは水面でも水面下でも非常に小さい。

心地よい平打ちダートアクション

(写真上二枚はハンドメイドモデル)

(写真上二枚はプロトタイプ)

障害物にタイトに付いた魚を食わせるために
平打ち、ダートもキビキビと行います。
勿論、大きくダートして障害物に絡まないよう
状況に応じてアクションを加えて下さい。

柔らかな引き波

(写真はハンドメイドモデル)

(写真はプロトタイプ)

引き波はバルサモデルよりも強く出るように各部を調整し、
デッドスローのストップアンドゴーと
ダイヴィングによる効果を増強しました。

一連の写真でも理解して頂けたと思います。
ダイヴィングから水面への浮上まで
動きが止まることなく魚を水面へと誘います。
水中よし、水面よし。

全てにおいて(魚=人間)と考える人が多いのは
非常に残念と言わざるを得ません。
犬の嗅覚の大きさは皆さん御存知のことと思います。
魚の感覚については未知の部分が多く
この部分こそが非常に面白いのです。
未知の部分にチャレンジして下さい。
サム山岡

Go back products list

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum