fishing_report

Date:
2019.10.13
Place:
Lake Biwa
Angler:
小野寺さん
時間:
午前4時半~9時
スタイル:
ウェーディング
天候:
曇り
気温/水温:
不明
風向き:
西~北西(5~6m)
水面状況 :
大波
lure 4 fish
釣果 SUM VIBration 13G
最大 40cm位

大雨後の変化のタイミングを狙い湖西の流れ込みに行ってきました。風は南よりの風でしたが時間が経つにつれ西、日が上ってからは北西の強い風になってきました。狙っていた流れ込みは何をしても反応をえられず、コトカスプロップにワンバイとありましが、のらずでした。辺りには数人の釣り人がいました。曇りだと思っていましたが、朝日が眩しいくらいだったので、思いきって移動し、波がまともに当たる方で釣りを開始しました。海のような状態でした。釣りになるのか?半信半疑でしたが、何者かが、波間の水面を跳び跳ねて行きました。魚はいる!とサムバイブをはや巻きし、数投したときに来ました!元気な40cm程のバスでした。その後も20cmクラスのバスが2匹とワンバラシ、フライサムを投げてみますとバイトか?というような感覚だけでしたが、この強風の中での飛距離には驚きです。そろそろ帰ろうかと帰路に向かう最後、波が凄いので、岩の後ろに立ち、波を打ち消してもらいながらサムバイブを数投すると食べられました!これまた元気な40cmでした。これほどの波でも浅瀬に魚を追ってきてるとは驚きです。それとこの1週間前に初めてフナミノーCWプロップで釣れました。ウィードが多いので中々すり抜けたり、思うように解せるアイテムを探して投げていると、このルアーに行き着きました。そして、ウィードに突っ込んだあと少し浮上させウィードを抜けた瞬間引ったくられました! この日はFP2もよく釣れました。湖西で太いバスを釣りたいですが、いろいろ試せるポイントも面白いです。ありがとうございました。

sum山岡の一言

バスの食い物を追う行動力には感激してしまいます。昔こんなに荒れた日は駄目だろうと思っていたら水面を割って体を見せて飛び出し、それから荒れた時も恐れずルアーを投げるようになりました。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum