fishing_report

Date:
2020.6.20
Place:
Lake Biwa
Angler:
Mッチさん
時間:
5:30〜7:30
スタイル:
陸釣り
天候:
晴れ
気温/水温:
気温20℃位/水温?
風向き:
北西微風
水面状況 :
小波
lure PROP DROP
釣果 バス 1 fish
ニゴイ 1 fish
最大 バス40UP

失礼致します。行きたくてうずうずしていましたが、移動自粛解除ということで早速行ってきました。夜明け前に現着したかったのですが、早朝に開いているガソリンスタンドを探すのに手間取ってしまい、お日様が登ってからのスタートです。水中を覗いて見ますと、コアユはたくさんいますがまとまりのない感じで散らばっています。沖ではアユ取り船が黒い煙を吹いていますので、沖に行ってしまった後かも知れないと思っていると、40クラスのバスを目撃。居ることが分かってやる気が出ますが、単体でしたので難しそう。それでもと期待して水面を探りますが、そう易々とは出てくれません。ならば新アイテムのプロップドロップ(細軸#10に変更)。可愛い体躯に似合わず、風に向かって投げてもよく飛びます!竿の高さを変えながら、巻いているとコンとアタリ。ハスかな。しばらく岸平行気味に遠投し偶にラインテンションを抜きながらリズムよく巻いているとゴンと先程とは違うアタリ。グングンと頭を振るのでバス確信。小さいルアー特有のやり取りの緊張感もまた良しです。しかし、プロップドロップ、面白いルアーですね。タナが合えばクルクル巻いているだけで釣れてしまいそうな感じです。また行ってみます。

sum山岡の一言

バスのレポートは今回初登場となる貴重なものとなります。このルアーの使い方の基本は低速で速度の変化を加えずに巻く。晴天の昼間の透明で凪、木の林立した池の最も高い位置からデカイ虹鱒を狙ってキャスト、低速の一定速度で巻いてみるとピッタリ追尾してきました。ヒットには至りませんでした状況が良ければ食うこともある。食う時はバクッと食う感じです。小さいから相手として怖くないという事も有るでしょう。Mッチさんさんは別として初心者の方が良い結果を得るかも知れないという感じもします。僕はテーブルターンのまねごとをして釣った事は有りますが、基本は低速の一定速度が基本だとおもっています。また出掛けて下さい。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum