fishing_report

Date:
2020.6.23
Place:
北陸某河川
Angler:
ZONさん
時間:
6:30〜8:30
スタイル:
ウェーディング
天候:
曇りのち晴れ
気温/水温:
不明
風向き:
不明
水面状況 :
そこそこ増水、クリアー
lure suming-70F
釣果 1 fish
最大 42cm

結構な大雨が降っていい感じになってるかなと、増水が落ち着いた川に行ってみました。去年釣れたのはちょっと大きなヤマメくらいのマスだったので、もうちょっと大きいのが釣れたらという目論見です。しかし、6月も後半なので河口ポイントよりも中流のどこかに潜んでいるはずと考えて、あたりをつけたポイントに入ります。釣果にはそれほど恵まれていないですが、データだけは大量に持っているのです。いかにも川釣りらしいポイントですが、いつも(たまに)ならヤマメが釣れるゴロゴロ岩の瀬から続く淵も無反応、かつて一度マスの追いがあった渕尻も無反応。これまでヤマメが釣れたことのあるポイントはどこも不発で、魚影すらありません。車に戻る前に、一箇所、そこそこ大きな淵を備えた流速もほどほどの、しかし、なぜか今まで釣れたことはないポイントをやってみることに。対岸の岩沿いについてるかなと、サミング70をアップ気味で投げて、ちょっとアクションさせながらを繰り返して5、6投くらいした頃、流心を横切るときに結構大きな魚影が追ってくるのが見えました。まさかの魚影に焦りつつ、岸際5m、これまでの渓流釣りの集大成的チョコチョコアクションを必死に演出していると、まんまと喰いつきました!陸に上がった魚はなんとサクラマスでした。サイズは42cm、川に入ってしばらく経ったのか、大ヤマメにも見えます。そして、鵜に噛み付かれた傷からまだ痛々しく出血しているのに、ルアーに喰いついてくるという、警戒心があるのか疑わしいやつです。しかし、去年釣ったチビマスも鵜にやられてました。苛酷です。釣りの神様が微笑んでくれているうちにと思い、次の目ぼしいポイントに行きますが、ノーチェイス、根掛かり。神様に見放されて、眠たくなってきたので納竿。

sum山岡の一言

いつもながら流石だと感服。橋の上から運良く獲物を探すカワウの姿を見ることが出来た事があります。とても丁寧にそこまでやるのかと感心しました。場所にもよりますがこのサイズになると狙われると逃げるのも大変でしょう。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum