fishing_report

Date:
2020.7.6
Place:
淡路島
Angler:
失態釣り師壱号さん
時間:
18:45~19:15
スタイル:
7月6日
天候:
不明
気温/水温:
気温24度
風向き:
南の追い風7m
水面状況 :
大潮 干潮からの上げ始め べた凪 濁りは河口部のみ
lure Fat sum
PROP DROP
釣果 2 fish
最大 55cm

午前中にまとまった雨が降り、夕方のサーフは期待できそうな潮位。でしたが、雨の量が思ったよりも少なく、また追い風でサーフの小河川からの濁りはあまり広がっていない状況でした。スズキは河川からの流れ込みに餌を摂りに集まっているはずですが、条件がよくないためPE0.8号のライトタックルでチャレンジすることにしました。(濁りとウネリが入っていればPE3号のヘビータックルを常用)となれば、新製品のプロップドロップを試すチャンスです。まずは、ファットサムで探ってみると一発で水面が割れましたが、フッキングせず。どうやら濁りが足りていないので本気で仕掛けていない感じです。続いて、プロップドロップにチェンジ。ペラで水面をかき分けるように表層を滑らせるように引くと、ガツンと食ってきました。しかし、なかなかフッキングしません。3回ほど空振り。
結局安定のファットサムで今度はジックリ動かして誘うと今度は乗りました。55cmぐらいの小型ですが、釣れることが大事です。移動して別のサーフ河口へ。ここもウェーダーで軽く渡れるぐらいの小さな流れ込みですが、こちらは濁りが入っていて期待できそうです。プロップドロップを少し沈めてストレート引き。何度か食い損ねを経て、今度はがっちりと食ってきました。40cm程度ですが、スズキにも有効なのが分かったので十分です。どうやら水面直下よりも少し下を引くのが効果的です。ファットサムではミスバイトばかりなので、コトカスMに替えると一発で食いましたが、フックアウト。これで終了としました。プロップドロップは純正フックではスズキは厳しいです。掛かってもすぐに伸びてしまいました。リアに8番トレブルぐらいに替えてみようかと思います。

sum山岡の一言

早速のご使用ありがとうございました。いつもながらレポートの内容が的確で参考になります。これからもどうぞ宜しくお願い致します。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum