fishing_report

Date:
2020.7.25
Place:
淡路島
Angler:
失態釣り師壱号さん
時間:
PM6:45
スタイル:
陸釣り
天候:
不明
気温/水温:
気温27度
風向き:
南の風5m
水面状況 :
中潮 干潮 濁りあり
lure PROP DROP
釣果 1 fish
最大 65cm

夕方も同じ近所の河口へ。干潮で干上がっているので川の流れが狭まり、スズキの着く位置もピンポイントで絞りやすくなります。ついてきた小学6年生の我が家の末っ子にはトップで釣らせます。一方的にルアーを弾き飛ばされてなかなか針に掛からないところが見ていて笑えます。何とか50cmクラスを釣らせたので、今度は私も本気で狙います。まずはプロップドロップの5番トリプルフックのみリアにセットしたものをキャストして引きましたが、反応なし。比較するために前後に12番トリプルフックをセットしたプロップドロップをキャストし、魚の着く位置まで水面下川一枚をイメージして引いてくると、思惑通りガツンと来ました。ゴボゴボと水面に全身を躍らせて抵抗してきます。途中、杭に巻かれて万事休すかと思いましたが、ラインを緩めて頭の向きを変えさせて何とか寄せることができました。(先週、チヌを掛けてゴミに阻まれてファットサムごとロストしたのは苦い経験です。)65cmとまずまずのサイズですが、ガツンと食ってきたのがいい感じです。プロップドロップは小さい分、フックのセッティングの差が出てしまうように思います。

sum山岡の一言

プロップドロップに関してはこれからも使い込んで色々な事を知って行く必要があると考えております。釣れるのは間違いありませんが奥の深いルアーでしょう。これからも宜しくお願い致します。末っ子さんの登場を楽しみにしております。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum