fishing_report

Date:
2020.9.9
Place:
泉南の海
Angler:
社員A
時間:
5:00~7:30
スタイル:
陸釣り
天候:
曇り
気温/水温:
気温24℃〜
風向き:
微風
水面状況 :
小潮、干潮からの上げ、凪
lure suming-50cw
suming-50cwS
Fat sum GP(武田氏)
釣果 カマス 3 fish(社員A)
最大 未計測

昨年から釣りたいと思っておりましたが、本日めでたく初カマス釣らせて頂きました。集合場所のGo-Phishさん事務所までは約2時間。お隣が和歌山の阪南市ですが、奥飛騨は勿論九頭竜川と比べてもあっと言う間です(高速を使ってますが)。因みに京都市内からの場合、名神→近畿道→阪和道が高速料金を抑えられるかと思います。さてカマス釣りですが、ポイントに到着したのは夜明け前の午前5時頃。どうも現在手堅いのは夜明けからの数時間との事でした。どんな感じで釣れば良いのか全く無知ですが、どうやら投げて巻くが最も理想的だそうです。しかし、実際に魚が掛かるまではスピードとかタナとか考えなくても良いのか?と不安になりますよね。でもねホンマに投げてただ巻くだけでした。強いて言えばちょい早巻き(いやこれがキモ?)。なので1匹釣って(suming-50cwSにて)からは全く不安無く釣り続けられます。時合いが来ると数投に一回バイトが有り。武田さんは勿論ですが今回ご同行下さったエイト本店勝田さんもポンポン、周りでも釣れてます。みんなが並んで広範囲で比較的差も無く釣れるという、バス釣りではあり得ない感じが良いですよね〜釣り初心者にはある意味管理釣り場より良いかも。僕は何尾か釣ったら時合いの間に他のアイテムを試そうと思ってましたが、アワセてもアワセても直ぐバレる。気付けばフックが折れて曲がってます。しまった〜トラウト用の細軸のまま持ってきてしまった。そしてフックを交換している間にフィーバータイムは終了・・・ウ〜ン、このさっぱり感が海やね〜と思ってたいたら、流石の武田さん!ファットサムGPカスタムで水面炸裂!何だ?スズキ?青物?正体はなかなか立派なチヌでした。謙遜されて44くらいかなと武田さん、いやいや結構ありまっせ!カマスが収まって雑談しながらも常に海を見てましたもんね。やっぱそこが違うんでしょう!と言うことで旬の内に再チャレンジし、色々試したいと思います。

sum山岡の一言

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum