fishing_report

Date:
2020.10.10
Place:
淡路島
Angler:
失態釣り師壱号さん
時間:
13:00~15:00
スタイル:
陸釣り
天候:
気温/水温:
気温20度
風向き:
北の風8m
水面状況 :
小潮,上げ8分,濁り
lure Fat sum POWER SLIDE
Cotocas medium
Cotocas medium prop
SUM VIBration 13G
Slalomer 85
釣果 多数
最大 ヒラスズキ61cm(3kg)、マルスズキ64cm

こんばんは。何度もすいません。今日は午前中には雨もやみ、晴れ間も出てきましたが強い風が残りました。中3の娘を塾に送って行って、迎えまでの間にサーフの流れ込みまで行ってみました。増水で泥水が海に吐き出され、折からの強風で濁りが波打ちぎわに押し込まれて状況的にはかなりよさそうです。ファットサムPSをキャストしてサラシの外を狙いますが、ラインが風に吹き上げられてうまく操作できません。2投目、何とかラインをコントロールしてファットサムをアクションさせると水面が派手に割れました。1匹目は60cm足らずの個体ですが、丸々と太っていて秋らしい体型の個体です。続けてファットサムで狙いましたが、風とウネリが強すぎて操作が困難です。諦めてシーバスミノー各種で狙いましたが反応なし。最近好調のコトカスMにチェンジし、ウネリの向こうにキャストしてラインを張って漂わせると即座に食ってきました。この狙い方がハマり、ワンキャストワンヒット、いやツーヒット状態に。サイズは40足らずの小型から60cmぐらいまでバラバラですが、とにかくコトカスMにヒットが集中しました。他のルアーに替えると反応は悪くなります(釣れないわけではない)。さすがにコトカスで攻め続けると、やや反応が悪くなったように感じたのでサムバブ13Gに替えて波打ち際の向こうに落として川の水が流れ出している部分でブルブルさせると、まさに入れ食いになってしまいました。サムバイブに反応する個体は40cm前後の小型ばかりでしたが、針が折れて6つのポイントが3つになってしまっても変わらず食い続けました。そろそろ娘の迎えに行く時間になり、最後の1投をコトカスMで終わらせることにしました。流れ込みの向こうに落として流れに漂わせていくとガツンと突き上げてきました。ハイジャンプを繰り返しすこぶる元気のよい個体です。取り込んでみると、61cmのセイゴサイズではないヒラスズキでした。淡路島では60cm以上の個体は珍しいと思うのですが、マルスズキの群れに混じることもあるようです。とにかく、数えきれないヒット数でした。後半に続きます。

sum山岡の一言

我々が味わう事の出来ない楽しい釣りが出来てお幸せです。バス釣りでも諦めていたのに上手くハマって信じられない様なことが起きる時があります。淡路島のシーバスは餌が豊富なのかコンディションの良い個体が多いですね。後半が楽しみです。有り難う御座います。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum