fishing_report

Date:
2020.10.10
Place:
淡路島
Angler:
失態釣り師壱号さん
時間:
16:00~16:30
スタイル:
陸釣り
天候:
曇り
気温/水温:
気温20度
風向き:
北の風6m
水面状況 :
小潮満潮、濁りあり
lure Cotocas medium
釣果 メジロ 1 fish
最大 83cm(6.5kg)

娘を迎えに行ってから遅い昼食をとり、さっきの話をすると「そんなに釣れるんなら行ってみたい」と言うので、また戻ってきました。満潮を迎え、波もやや収まってきましたがそれでも波打ち際の濁りはかなり残っていて有望です。時折波打ち際で跳ねるスズキの姿も見えています。もうコトカスMに任せるしかありません。波打ち際の向こうに軽く投げ、魚が掛かったら娘に渡すと何だかこれまでのレギュラーサイズとは違う強烈な引き。娘から再度バトンタッチして竿を立て寄せにかかります・・・が、寄るどころかドラグがずるずると滑ってラインが引き出されていくばかりです。PE3号のヘビータックルでコトカスMの小さい針を持たせるためにドラグはある程度出るようにしているのですが、あまり長引くと針が伸びるか折れるかでバラしてしまう恐れがあります。もうドラグは触らず相手が方向転換するタイミングで竿を立てて凌ぎます。たぶん、感触からしてルアーはがっちり魚の口の中に入っているとは思いますが、見ていないので分かりません。ようやく姿を見せました。針は1か所しか掛かっていません。どうやら途中で伸びて外れたみたいです。何とか波の力を利用してズリ上げにかかります。護岸だと浮かせたところでネットに入れればいいのですが、この場合ズリ上げた瞬間に重みが針に集中して伸びたり折れたりしたら終わりです。これ以上ない緊張の中、やっとのことでグリップを顎に掛け取り込みました。83cm、6.5kgのメジロがその正体でした。まさかこんな魚が波打ち際に寄っているとは思わなかったので、完全外道ですがよい経験をしました。よく考えると、昨年の秋も娘がたまたまついてきたらファットサムで3kgのメジロが釣れたので、何かあるみたいです。

sum山岡の一言

フックは交換してあるとしても強さはたかが知れている,経験豊富だからこそ見事に取り込めたということですね。それにしてもお見事でした。いつも良い勉強をさせて頂いております。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum