fishing_report

Date:
2020.11.5~6
Place:
Lake Biwa
Angler:
ホーリーさん
時間:
午後8時~午前7時
スタイル:
陸釣り
天候:
晴れのち曇り
気温/水温:
不明
風向き:
無風
水面状況 :
凪~若干の波あり
lure SUM VIBration SS
FB65
Lipless suming-70S Slalomer
釣果 5 fish
最大 52cm

久しぶりの投稿失礼致します。この日もいつもの浜にいつもより早めに到着。今回はいつも同行させてもらっていて最近好調の釣友のゴンさんと共に意気込んで浜に立ちます。開始早々、久々に使うリールに違和感を感じ、車にいつものリールを積んでいたので付け替える事にしようと考えていたらスラローマーにひったくるあたりが。幸先良く上がってきたのは30センチほどの綺麗な個体。魚っ気はあるぞと思い、リールを入れ替えキャストを再開。しかし後が続かずポイント移動。最近行ってないポイントへ。車を停め、準備していると10人程の若者が浜へ向かって行き、事もあろうに若者達はおおはしゃぎで琵琶湖にダイブ。寒いのに元気な事。もちろん入る予定の所は諦めて離れた場所からスタートしました。魚からの反応がないままどうしようかと相談していた所、ゴンさんが去年にデカイのをばらした所を撃って行く事に。俗に言う大場所。サムバイブレーションSSをピンにキャスト。フォールさせて着底させる間に戻るか先に進むかの相談。この間1分程度。そこからロッドを20センチ程プンっと煽った所、コンと明確なバイト。しっかりとあわせを入れると久々のサムスティック鬼曲がり!!デカイ!!焦らずに慎重に寄せて来ます。全然飛ばない。なんだコレ?と思いながらゴンさんにランディングお願いしてもらい、魚体を見たときなるほど!!こりゃ飛べんわ!!と思わすような横幅が異様な程太ったナイスな個体でした。手にとった時ロクマルいったやろーと叫んでましたがメジャーで何度も確認したんですが52センチ。それほど太く艶がある素晴らしい魚でした。その後は仮眠をとり、朝まずめにFB65で勝負しましたが豆サイズがアソンデくれて終了しました。今回は釣友の予言がなければ立たなかった場所なので本当にいつも感謝です。これからも釣友と共にサムルアーズで記憶に残る良い魚を釣りたいと思います。

sum山岡の一言

若々しい見事な身体の傷無しを、僕には真似の出来ない釣り方でキャッチ、おめでとうございます。時々デカバスのバラシ報告は入って来ますが、状況はかなり厳しいようです。先日の土曜日はどうかなと思っていましたがレポートはありませんでした。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum