fishing_report

Date:
2021.1.23
Place:
朝霧池
Angler:
saddaさん
時間:
8時~13時
スタイル:
陸釣り
天候:
気温/水温:
気温:6度/水温:5度
風向き:
西・微風
水面状況 :
不明
lure SUM VIB mini SS
PROPDROP(B-ver.)
PDM
○秘
釣果 ホウライマス 6 fish
最大 50cm over

先週、何年かぶりにホームでボウズをやらかしてしまった。フィールドの条件もあっただろうが魚を何度も見ていた上にフックアップさせられなかった。つまり技術上の問題があると判断しこの対策を詰め込んで釣行に挑んだ。人は失敗からしか学べない。今日は雨。フィールドの気温は高く魚はシャローに出てくると経験から予測した。まずは仮名PDMをブレイク沿いにトレースする。スローを意識するが反応はない。そこでリトリーブスピードを少し上げるとずっしりと重いバイト。なかなかのファイトを見せる良型を集中し無事キャッチした。魚は50オーバーのホウライマス。これで呪縛は解けた。次はPROPDROP(B-ver.)で少し沖を通す。数投目に鈍いバイト。連発で良型のホウライマスをキャッチした。こうなるともっと試してみたくなる。SUM VIB mini SSをシャローフラットのボトムを意識しショートリフトさせる。リフト幅は10cm程度。今度は手前まで追ってしっかりと喰っている。ちなみに同様のさらに緩い泳ぎを感じない程度のリフトでもキャッチに成功した。魚もスレ気味になってきたので、今後はPDMを軽くシェイクして水中ドッグウォークを試すと一発でバイト。これはキレイにハマった。そして最後は○秘。浮力が高く移動距離が少ないこのルアーは自分が最も得意とするサーフェイスでのサイトフィッシングにバッチリはまる。氷結箇所ギリギリにキャストしポーズさせた後、ショートジャークを繰り返すと即座にバイト。しかし数回連続でバイト取るがフックアップしない。そこでフックを交換しバランスを調整しリトライするとあっさりフックアップ。最後の最後に得意パターンでキャッチできた。やはり課題を攻略したプロセスは楽しい。やっと今年も本格スタートできました。3月の解禁が楽しみです。

sum山岡の一言

リリースしたルアーに能力があったとしても使い手がその能力を引き出せない場合があります。能力があったとしても使いたくなるような魅力を感じさせないない事もあります。上手くお使いいただきありがとうございます。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum