fishing_report

Date:
2021.10.26
Place:
福井県某川
Angler:
社員A&ACDCさん
時間:
15:00~23:00
スタイル:
ウェーディング
天候:
曇時々晴れ
気温/水温:
気温19→14℃
風向き:
北→南
水面状況 :
中潮 平水 クリアー
lure Slalomer 85SSS
○秘
釣果 二人で 5 fish
最大 82cm

スラローマー85SSSが間もなく発売開始となります。秋はこそ結果が出しやすいプラッキングシーズンではありますが、相変わらず今年の琵琶湖は手厳しく小型のみしか結果を出せず、最後の砦となる秋シーバスに賭けます。前日の雨が大した雨量で無い事は分かっていたのでイージーでは無いはず。なので明るい内から下見。水の濁りも無くポイントは水深が無いね〜相変わらず。夕刻は北風のサーフで釣れんものかと。良い潮目も確認出来たし雰囲気はあったのですが、難しいねサーフは。日が暮れてN(ACDC)君と合流し、昼間確認したポイントへ移動します。既に先行者も居られ、話しかけると良型を1本釣られているとの事。少し離れたところで釣り始めると今日本命の85SSSにウグイ連発。もしかして大した数は居らんのか?と移動してここぞというピンポイントに撃ち込めば・・・モゾモゾとした応答。ちょっと待って重みが乗ったところでアワセをくれると。居りました居りました!ファイトもそこそこの60cm。2投目くらいだったかな。流れに漂わせる様に泳がせているのでラインテンションはあまり無いリトリーブ。それ故にアタリを明確に掴むのがちょっと難しい。続けて角度を変えてコースも変えたもう数投目。またもやヒット。今度はちょっとサイズアップの70cm。イメージ通り使い方は現行のスラローマー85と同じです。離れて釣っていたN君が来たのでポイントを譲り数投してもらうと、サミング70から85SSSに代えた一投目でヒット!70cm弱。フックを折られたとの事なのでその間に僕が狙うともう1本!急激なるサイズダウン。どうも良型が散ってしまったか?さてここからのSSSが面白いのですが、移動して次に狙ったのは浅い瀬になります。対岸に投げて本当にゆっくり巻いてくる。微妙なレンジでダウンクロスに入った辺りでアタリ。この水深でこのスピードが効果的です。この日は4本ほどヒットさせたんですが、全てバラしてしまいました。重さからして50㎝前後、ちょっと魚の小さかったのかも。念の為こう言うシャローで使うときはツインフック仕様にしておりますのでご参考に。そこそこ結果が出たところで小休止しポイントを休める。1時間後位に再びポイントへ戻り85SSSメインに狙うも音沙汰無し・・・これはアレしか無いでしょうという表層の釣りにチェンジ。ここから先はの詳しい話はまたいずれなんですが、この日の最大が音も無く○秘を吸い込みました、82cm。このアイテム去年はTO氏がメーターイトウを仕留めたアレなんです。効きますで〜!さあ皆さん、先ずはスラローマー85SSSです!確実に釣れます!間違いないです!

sum山岡の一言

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum