fishing_report

Date:
2021.11.12
Place:
天竜川
Angler:
saddaさん&KAZUさん
時間:
7時〜16時
スタイル:
ウェーディング
天候:
晴れ
気温/水温:
気温:13度/水温:11度
風向き:
北西やや強い
水面状況 :
笹濁り
lure suming-50cw
S45cw
SUM VIB mini SS
PROPDROP
釣果 4 fish
最大 40cmくらい

今回は凄腕アングラーKAZU氏にガイドして頂く安心釣行。上手いアングラーとの釣行は非常に勉強になるし刺激になるし得るものは大きく非常に楽しみだ。今日は放流日なのであるが、そんなの眼中なく狙いは一択、居着きのワイルドレインボーだ。まずはKAZU氏にレクチャー頂き二人でパターンを探す。するとKAZU氏がバイトをとるが残念ながらフックオフ。これでパターンが判明。早速再現するとアップクロスで打ったプロップドロップ(チューン)にレッドバンドが鮮明なレインボーが表層で食らいつく。しかしこれまた反転一発でフックオフ。ワイルドなヤツはやはり一筋縄ではいかない。すると下で釣っていたKAZU氏がサミング50cwで技ありキャッチ。思ったより魚は上ずっている。自分もサミング50cwにチェンジし岩盤のスリットを丁寧に流すと強烈バイト。ガッチリフックアップさせるが全く動かない。しかしファイト開始すると一気に走られ痛恨のラインブレイク。これはデカかった。懲りずにサムバイブミニに変え同じラインをトレースするとやっとの一匹を無事キャッチ。そうコイツらは既に放流魚とは別モノ。管釣タックルで舐めてかかっていたのが苦労の原因だ。休憩を挟み今度は大好きな瀬打ちに狙いを変える。細かい流れの筋をS45cwピンポイントにトレースしているとサイトでチェイスを確認。上手くバイトに持ち込み落ち着いてキャッチしたのは完全回復に近しいスチールヘッド化した納得の魚。これは本当に嬉しい一匹だった。締めは放流魚をプロップドロップミニ一撃でキャッチし納竿とする。一端の悔いが残るものの大変楽しい時間を過ごせた事に満足。そして帰路、70目指してちょっと通ってみようかなと思うのでした。

sum山岡の一言

体調も良くなり欲が出てきたようで70cmのネイティブな奴をキャッチして下さい。良く引くでしょうなぁ。楽しみにお待ちしております。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum