fishing_report

Date:
2022.1.28
Place:
天竜川(冬季ルアーフライ専用区)
Angler:
kobayashiさん
時間:
8時30分〜17時
スタイル:
ウェーディング
天候:
気温/水温:
気温4度〜14度
風向き:
微風、時折強風
水面状況 :
lure PROP DROP
釣果 レインボートラウト 2 fish
最大 約50センチ

この日は有給をとって、放流の恩恵を受けに…。実はかれこれ天竜川冬季ルアーフライ区間は通い始めて4シーズン目となるわけだが、これまで平日に釣行したのは1度だけ。その時はあいにくの大雨でずぶ濡れになりながら、嫁さんとルアーを投げるという悲惨な状況。2人ともその時なんとか釣れてよかった…。話が逸れたが、今回で平日釣行は2回目。さらに放流ある金曜日は初めてだ。土日ばかりの私にとってこの放流はどんなものか楽しみであると同時に、レポートコーナーでも度々投稿されているsaddaさんに久しぶりにお会いできたことが大きかった。それはなぜかというと、プロップドロップの使い方を改めて直接お聞きすることができたからだ。これまでプロップドロップではシーバス1匹にニジマスはバラしという結果であったが、saddaさんは天竜川はもちろん、各管理釣り場でもプロップドロップの持つ性能を引き出して釣果を得ているのはレポートでもお馴染み。まずプロップドロップがどういう動きをするのか、リトリーブの仕方はどの様にすれば効果的かを聞いて、イメージを固める。放流個体が固まっているポイントへプロップドロップを投入すると、即ヒットするもバラし。「イメージ通り出来てたのか?」と自分のアクションに半信半疑であったが、2投目もヒット。これもバラしてしまうが、こうも結果が出るとは…。少し時間を空けて、3尾目はキチンとキャッチ。なかなかの引きで楽しむことができたうえ、プロップドロップでようやくキャッチまで持ち込めたのが嬉しい。その後、ルアーローテーションをしながらもう1尾キャッチに成功。プロップドロップだけでトータル5ヒット、あたりも多数あったことから確実に効果があったと考えられる。やはりアイテムを使い込んでいる方のアドバイスはありがたいと感じる釣行となった。

【タックルデータ】
ロッド:ツララ グルービー70S
リール:ダイワ 12ルビアス2506H
ライン:ヤマトヨテグス PEレジンシェラー 0.6号 10lb
リーダー:ヤマトヨテグス フロロショックリーダー 7lb
ヒットルアー:サムルアーズ プロップドロップ(42mm/6.5g)
フック:オーナー カルティバ SBLM-55
スナップ:ヤリエ イージーラインスナップ サイズ0

sum山岡の一言

プロップドロップで面白い釣りを重ねると信頼のアイテムとなってくれるでしょう。僕はバス、ニジマス、放流サクラマスの忘れられない激しい食い込みも経験しています。有り難う御座いました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum