fishing_report

Date:
2022.5.21
Place:
中禅寺湖
Angler:
roboさん
時間:
4:00〜17:45
スタイル:
陸釣り
天候:
曇時々雨
気温/水温:
気温13度/水温不明
風向き:
南東
水面状況 :
クリアー
lure Slalomer 70 ABALONE CHIP
PROP DROP
釣果 ブラウントラウト 1 fish
レイクトラウト 1 fish
最大 ブラウントラウト 60cm位

今シーズン3度目の中禅寺湖。天気はまた雨予報。4月に2回釣行し反応は得るもののキャッチまで至らず、今回ようやく魚に会えました。朝一前回バラしたポイントには入れず、入ったのは浜のシャローエリア帯。ワカサギを食うブラウン狙い。前回の釣りからで狙い方は決めており立ち込まず、遠投せずでワカサギの群れの動きを見ながらタイミングを見て投げ入れます。ワカサギの群れを驚かせないように気を付けサムジグ小を引波が立つくらいの速さで巻いてくると一度だけ反応有るも針には掛からず。バスと違うのは餌が散る、パニックになっている時は騙しにくく見切られやすいような。場合にもよると思いますがなんとなくです。結局午前中はそれっきりで何度もボイルは確認出来ましたが騙しきれず。曇りで風も無く、また水面を浮遊するノロに手こずり雨も降り出したので休憩がてら移動することに。歩いて向かったのは岬〜ワンドが絡むポイント。先端は既に釣り人か入っており、ワンド側岩場から砂利浜に変わる境い目ぐらいへ。座って休憩していると春蝉発見。写真を撮ってしばらくの間水面を眺めていると岬側から回遊してくるブラウントラウトが、、、投げずに観察していると同じ魚で定位はせず岬側からある岩まで来たところでUターンし、2箇所でワカサギ捕食しようとしている様子。ワカサギか小さいので試しにsuming50cwSを入れてみると一瞬追ったのが見えたが食わず。投げ過ぎを避け、さらに少しだけ場所を離れてから2箇所の捕食場所に狙いを絞り一箇所目のボイル後、食い損ねで2箇所にくるだろう想像(はぐれたワカサギが群れに合流しようとする)しながらSlalomer70をスローに通すこと数回ようやくタイミングが合ったようで念願のブラウンがヒット。体色は茶というよりオレンジで本当に綺麗でした。1尾釣った後はまた観察。小雨が降っている間にペアでレインボーが通り過ぎるのと、また違うブラウンが何度かボイルするのを見ることができました。なんだか気配がなくなってきたなぁと思っていたらいつの間にか雨が止んでおり。まぁ不思議なもんです。気付くと岬の先端も空いていたので移動。今度はレイクトラウト狙い。朝一のポイントではブレイクラインより沖から2匹釣れているのを見ておりやっぱり深場かなと。ルアーはPROP DROP。数日前に実績が出ているとの情報も聞いており試しに遠投してカウント30〜40。中層ただ巻きすると2投目で運良く釣れてくれました。アタリは明確で合わせた後なかなか寄ってこずでしたがなんとか無事ネットイン。その後も投げ続けましたが段々雨が強まり終了。釣れたこともそうですが色々見ることができたのはおおきく満足な1日となりました。次は春蝉が鳴く晴れの日に行きたいと思います。

sum山岡の一言

地形とベイト、風、空,水位、季節、装備等、そして記憶と記録も加え分析しながら刻々と変化する自然に対応して釣りをする。僕がこれ程入念考えて釣りをする訳ではありませんが、これらは大切でより釣りを面白くすると思っています。roboさんはこれらの事を行い釣りをしている様に思います。これからも楽しみにしています。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum