fishing_report

Date:
2022.6.27
Place:
Lake Biwa
Angler:
漬物石さん
時間:
5:00〜10:00
スタイル:
ボート
天候:
気温/水温:
不明
風向き:
無風から微風
水面状況 :
不明
lure chunk
釣果 バス 2 fish
ギル 3 fish
雷魚 1 fish
最大 50㎝

いつもお世話になっています。いつもの内湖に行って来ました。今まで釣れていても雨天一つで良くも悪くもなる難しい時期です。しかもそろそろ梅雨明けしそうな気配の中、快晴ドーピカんの猛暑でした。朝イチはトップ狙いでチョイスしたエリアが風裏でノーバイトの沈黙、ゴールデンタイムを外しました。大きくエリアを変えると微風が吹き雰囲気はまずまずです。前回ラインブレイクのロストから生還したチャンクで大きな当たりが有り、早速のチャンクの恩返しかと思いきや60オーバーの雷魚が釣れました。ラインブレイクしそうなので早々にリリースしたので残念ながら写真が有りません。その後やっと本命の小バスが釣れたので、形ばかりの恩返しは終了です。違うチャンクでブルーギルを3匹追加しますがそろそろ終了しようかと諦めてムードです。風向きが変わったので、朝イチエリアを流し直します。程なくして強烈な当たりがありライトトリップが水面に絞り込まれます。中々上がって来なくなって10分位ギリギリのやり取りをします。僕が弱って来たのでこれ以上は無理と判断し、強引に寄せますとメーター超えのコイ太郎の尾鰭にスレ掛り❗️そら、上がって来ない筈です。コイ太郎も雷魚同様ボートに揚げられないというか、こちらは正直本当に揚げられる状態ではありませんでした。ペンチでフックを外す瞬間弾かれペンチは水中に…水を何度も被りながら予備のペンチでやっとリリースしました。残ったのは水浸しのボートに水を被ったオッサン1人です。幸い貸切でしたので笑われる事はありませんでした。止める前に最後の実績ポイントで待望のバイト、コイ太郎に比べ控えめでしたが普通なら充分な重量感で上がってきたのはジャスト50㎝の本命でした。生還したチャンクの恩返しでした。結果としてこの日はチャンク祭りです。ありがとうございました。

sum山岡の一言

読ませて頂いて笑えてしまうレポートでした。予備のペンチを用意することなんか考えたこともありませんわ。次回も内湖からのレポートが届くことを期待しております。雷魚の写真残念でした。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum