fishing_report

Date:
2022.7.24
Place:
遠山川支流
Angler:
社員A&小林氏&長嶋氏
時間:
7:30~12:30
スタイル:
ウェットウェーディング
天候:
晴れ
気温/水温:
不明
風向き:
不明
水面状況 :
平水 クリアー
lure S45cw
suming-50cwS
suming-50cw
釣果 三人で 10 fish位
最大 24cm

灼熱のMAVイベントを夕刻に終えてMAVスタッフのナベちゃん達と食事をしてからのスーパー銭湯。これはかなり危険な流れですが、なかなかどうして集中力を持ち堪えて高速を4時間突っ走りました。途中、ナビの誘導を疑いまくる様な峠道、このお陰で眠気も吹き飛びました。現地到着は日付が変わる頃。山深い村にある立派な道の駅で待ち合わせです。えらく車中泊の車が多いと思いましたが、どうも登山者がほぼ10割。どこからも特にアクセスが良い訳ではない川なだけに釣り人が少ないんですね。さて、今回この遠山川を案内してくれるのは近年レポートコーナーでもお馴染み小林氏。遠山川は少し前に訪れたとの事ですが、駐車スポットも良く把握してますね。そして僕の連日のハードワークに気を遣ってくれてのコース選択。先ずはアマゴ釣りたいとの依頼をしたところ、本当に川通しがし易く、それでいてそこそこ魚の反応がある。魚も綺麗で景色も良好。加えて各所でポイントを譲ってもらうという大名釣りです。この日は短時間勝負だったのがちょっと残念でしたけど。浅い瀬はS45cwがジャスト。ちょっと深い瀬はsuming-50cwSがあればほとんど対応可能です。季節が進んでタイミングが良ければこの支流でも本流から差して来る尺クラスのアマゴが狙えるんでしょう。さて、後半戦と言っても2時間程度しかない訳ですが、今度は別の支流でイワナ狙いを依頼します。この支流に入るのは久しぶりとの事ですが、ほぼヤマトイワナと言える交雑種も期待出来るとの話。一見すると深い渓の様に思えるのですが、ここも意外に川通しが楽で有り難いです。ただ、その為か魚の反応は渋め、自分は何とか一本という結果でした。小林氏は手堅く二尾キャッチ。いずれも完全なるヤマトイワナではなかった様ですが、無事初魚も手にする事が出来た良い釣行となりました。初めて入るの渓はナビゲーターの存在がは非常に有り難い。僕はサポートして下さるユーザーさんに恵まれて幸いです。常にポイントを譲って下さった長嶋さんも有難う御座いました。次回は浜名湖を宜しくお願いいたします!さて、再びこの地を訪れるとするならば・・・一泊二日で鬼アマゴ本流勝負ってのもイイかもしんない。

sum山岡の一言

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum