sumlures news

Slalomer 85 Debut !

お待たせ致しました、久しぶりの新作ご紹介となります!
皆さんもうご存じでしょうが、その新作とはこちらの”Slalomer 85″!
○秘として今年の冬からちょくちょく登場していたのですが、
皆さん憶えておられませんかね?社員A試作一投目まさかのロクマルとか!?
バスではその後HAMA-Kさんのビッグフィッシュ報告が幾度もありました。
そして近頃ではTO氏の北海道遠征で活躍したり、シーバスや青物にも大活躍。
コンセプト通りに幅広いフィールドでの釣果がリリース前から出ております。
さて、それでは早速Slalomer 85の特徴を詳しくご説明差し上げます。

SPEC
Length : 85mm
Weight : 17.0g
Hook : #6
Type : Sinking

まずボリュームと重量ですが、見た目はご覧の通り。
15mm違うだけなのに奥のスラローマー70とは大違い。
見た目通りに重さも2倍の17gあります。
結果としてキャスタビリティーも申し分なし。
ライトトリップ55Lでフルキャストした場合に50m超はいけるかなと思います。
8ft.クラスのスピニングタックルで投げたらどれくらい飛ぶんでしょうかね?

琵琶湖で釣る場合にその飛距離が必要かと言えば必ずしも必要ではありませんが、
向かい風や横風の中でキャストが容易である事はアドバンテージとなります。
また、17gの自重は狙いきれなかった深場へのカウントダウンにも適しています。

動きはワイド※なスラロームアクション。
引き抵抗もしっかりあるので
スラローマー70だとポジションが不明になりがちな波風の中でも
より安定したリーリングやトレースが可能です。
(※手前に来るとラインテンションにより振り幅が小さくなります)

そしてそのボディーの重さに似合わずスローなリトリーブで
シャローエリアのトレースが可能であり、
ロッドの上げ下げとリーリングスピードによってレンジをコントロール出来ます。

この性能は間もなく訪れる冬の琵琶湖にて、
公魚がらみで良い結果を出てくれると信じております。
 深場を狙う際にはカウントダウンしてからのリトリーブで底付近をトレース。
浅瀬に近付けばロッドを立ててドシャローの魚を逃さない。
また、スラローマー70と同様に琵琶湖においては
冬だけで無く年間を通して働いてくれるアイテムです。
尚、リトリーブスピードやレンジコントロールについては、
初めてのご使用の際、日中に確認して頂く事をお勧めします。
また、根掛かり軽減の為にダブルフックへの交換もどうぞ。

テスト中は只巻きでも十分に結果が出ていましたが、
ちょっとアクションを加えてもシーバスに好反応でした。
(港湾部、サーフいずれの釣りにも適しています。)
北海道遠征の動画や先日公開したSlalomer 85の動画内でも
アクションを付けて食わせている場面が結構ありますので参考にして下さい。

因みにこちらのブリをキャッチしたTKさんの場合、
フックは#4、スプリットリングも4番に変更し、
表層付近にパニックベイトアクションさせての丸呑みだったそうです。
ターゲットフィッシュの大きさやフィールドコンディションによって
スラローマー70との使い分けが釣果を左右する場面も多いでしょう。
そして、今後益々対象魚に組み込まれる魚達が増える予感。
比較的大物の結果が多いかと思いきや、小物にも好まれる。
湖、海、川と何処でも連れて行ける頼もしいアイテムが仲間入りです!

Slalomer 85のサムルアーズショップでの販売に関しまして

サムルアーズショップでの先行販売につきましては、
誠に勝手ながら販売数量の限定および販売時間を限定して行わせて頂きます。

販売開始は2019年12月9日午後6:00より
販売終了は同日午後9:00とさせて頂きます。

販売終了時間までに同時販売の商品を含めて在庫切れとなりました場合には、
販売終了時間を前倒しさせて頂く場合が御座いますので、何卒ご了承ください。

同時販売の製品はコトカスミディアム及びコトカスとなります。

また、ご購入が可能な本数には制限が御座いますので、
ご注意下さいます様お願い致します。

お一人様(ご家族を含む)がご購入可能な本数は総合計10本までとなります。
コトカス及びコトカスミディアムは各2本合計4本まで(同一カラー複数不可)、
スラローマー85は各色1本合計10本までとさせて頂きます。
(各製品を合わせたご注文総合計が10本までとなります)

尚、今回の販売では商品代金5000円(税別)以上にて送料無料とさせて頂きます。
北海道地区に関しましては880円(税込み)のご負担となります。
沖縄地区及び離島に関しましては、ご負担の送料をご連絡差し上げます。
代引き手数料330円はご負担下さい。

それでは皆様のご来店をお待ちしております。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum