sumlures news

FRANK SUM injection Debut!

遂に来ましたFRANK SUM injection modelについてのご紹介!

2020年のOSAKAフィッシングショーでも発表済みで
その存在をご存じの方も多いと思います。
そう、あれからもう1年以上が経過してしまいましたが、
それもこれも新型コロナの影響で、
予定していた時期より入荷が大幅に遅れ、発表も今に至っております。
それでも結果として水面系が盛り上がる季節にドンピシャなので
全て前向きに捉えていかなければなりません。

では早速本題へ。
改めて思いますが、色々作られてきましたフランクサムシリーズ。
オリジナルはかなり古く1996年頃ですが、
後にサム山岡ハンドメイドでマイナーチェンジを施してリリース。

サム山岡の一言

それまで魚に似せて作ってきたので、
そうで無い形で作ってみるとこうなりました。
このバルサモデルを削って作ってから20年以上になるとは驚きです。
フランクサムも色々と作りましたが、
最近「これはどうだろう」というフランクサムを思いついたので
テストモデルを作ってみます。

色違いやサイズ違いも作ったりして、
ウッドモデルや発泡樹脂モデルも作りました。
(上からサム山岡ハンドメイド復刻版、ウッドフランク、フランクサムCW)

私、社員Aは上3モデルの開発や生産を手掛け、サポートてきましたが、
それぞれに様々な苦難を乗り越えてきたと今になって記憶が甦ります。

バルサやウッド素材はそのボディー重量を計測し、
個々に搭載ウェイト量や位置を調整してました。
同様に発泡樹脂素材も多くの問題が発生し、
克服する為にしょっちゅう頭を抱えたものです。
そしてその苦労あってこそのインジェクションFRANK SUM。
その甲斐あってかインジェクションモデルの開発調整は
それまでのknow-howによりかなりスムーズでした。
インジェクションはボディーに空洞が存在する
ABS樹脂モデルの癖的なものはありますが、
トータルバランス的には誰もが扱いやすく、安心の安定感を感じています。
動きの特徴はしっかり水噛みして移動距離は短く、小技も利く。
飛びも姿勢も優れておりでピンスポ撃ちにも最適です。

ここでスペックですが
Length:70mm
Weight:11.6g
Hook size:#6
推奨タックルは
Rod:Light action
Line:Nylon12〜16lb.

もう過去製品を所有して頂いている皆さんはご存じと思いますが、
このボリュームにてこの重さ、そしてボディー形状。
どれくらいの浮力でどんな浮き姿勢なのか・・・

初めて見る方だと大体想像されるのが、水平浮きだと思います。
ストレートに近い円柱タイプのペンシルベイトは
概ね水平浮きタイプが多いと思いますが、
フランクサムは今回のインジェクションモデルもそれとは真逆な浮き姿勢。
垂直に近く、尚且つボディーは目玉付近まで水面下に位置します。
見た目より何よりこれこそがフランクサムの持つ最大の特徴でも有り、
他には無いアクションを生み出すファクターと言えます。
軽快感を損なわずボディーに絡みつく水面。
首振りのパターンも単一では無く、強くも弱くも調整可能。
ラインを沈めてからのダイブと水中ドッグウォーク。
浮力が強すぎないので浮上中も魚を惹きつける。

これだけ書くと良い事づくしの様ですが、欠点もあるにはあるのです。
それは波風を受けた場合の視認性の弱さと、
遠投した際に移動距離が短すぎて広範囲を探るには不向き等が挙げられます。

なので使い所を見極めて、その性能を遺憾なく発揮してやって下さい。

後、インジェクション化された事によるメリットはもう一つ。
やっぱりカラーバリエーションです、色々出来ます。

まず最初に紹介すべきはシロアミ&ヨモギでしょう。
マイナーチェンジされて復刻したサム山岡ハンドメイドでの初版カラー。
釣れてましたね〜ヨモヨモ(ヨモギ)。
懐かしい写真を掘り起こしてもらいました。
フィールドは琵琶湖南湖と京都桂川。

サム山岡ハンドメイド系と言えばこのバグシリーズ。
キャタピラーとラメバグはオリジナルをかなり忠実に再現出来ています。
定番的なのは20年程前のラインナップ常連クリアーバスや
辛うじてリアル系?のミラーカワアユ。
フランクサム史上新規?っぽいのはカエルプリントとハスプリント、
円柱タイプボディーへの印刷なので意外に高い技術が必要?!
尚、トノサマガエルの目玉は専用目玉です。
こちらは人気が有るのか無いのか全身クローム。
コトカス(サミング70だったか?)のリリース時以来の蒸着メッキ仕様です。
もしかすると人気ナンバーワンになる気もしてます。
最後は試作段階で使っていたサム山岡制作のテストモデルの再現カラー。
背中にtest model colorとプリントが入り初回だけのワンオフとなります。
そして最後は毎度の釣果ですが、
概ね想像つく魚種には結果が出ております。
バス以外に特に向いているのはチヌトップかと。

移動距離が短くミスバイトがあっても、
その次しっかり食い込むまでしつこくネチネチ出来ます。
angler 社員A
また、流れの中でもピンスポットで効率良く誘えるので、
フィーディングピンポイントで待ち伏せる川のシーバス狙いにもGOOD。
angler 失態釣り師壱号さん
北海道ではアメマスも釣ってもらってます。
ショートピッチの速いスライドに引ったくるバイト!だそうです。
angler 石川学さん
そして忘れちゃいけないのはMAVストライパー。
(ベイト放流無しで3連発!ここ重要)
angler 小林さん
肝心のバス、それも琵琶湖ですが・・・社員A、相当手を焼きました。
春先に良さそうなのも何度か出しましたがフックアップせず・・・(社員A )
なので頼りになるユーザーさんの釣果を拝借。
まぁその内に私もガッツリ釣りますんでご心配なく!

サム山岡の一言

ようやく発売となりました。
良く飛び良く動き使い易いと思います。
着水の時のサミングコントロールにはご注意ください。
それではどうぞ宜しくお願い致します。

販売に関しまして
FRANK SUMのサムルアーズショップでの販売開始は、
2021.6.30 午後6:00となります。
お一人様各色1本合計6本までご注文頂けます。
(税込み価格@¥1,694-)

尚、税込み商品代金8000円以上にて
全国一律送料550円分を割引させて頂きます。
(四国、中国、関西、北陸、信越、関東は無料となります)

皆様、宜しくお願いいたします。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum