fishing_report

Date:
2021.8.2
Place:
淡路島
Angler:
失態釣り師壱号さん
時間:
18:40
スタイル:
陸釣り
天候:
晴れ
気温/水温:
気温32℃
風向き:
南の風5m
水面状況 :
小潮上げ7分
lure Fat sum
釣果 1 fish
最大 43cm

いつもお世話になっております。8月に入りましたが、相変わらずの酷暑です。しかし、暑ければ暑いほど活性が上がる?というか闘争心が燃え上がるのがチヌという魚なのでしょう。チヌのトップウォーターでの釣りは、自分が思うに捕食目的ではなく自分のテリトリーに無防備に侵入したルアーに対してイライラして攻撃を仕掛けてくるものだと考えています。ですから、基本的にはチヌがルアーの波紋を見つけやすいべた凪の方が実績は高いです。従って波立つとあまり食いが良くない傾向です。今日は南風が吹いて50cmぐらいに海面が上下する状況。当然ルアーの航跡は波で掻き消されるので、青物用の広口ポッパーで派手に音を出してやる方がいいのですが、手始めにやっぱり定番のファットサムでチェックしてみることにします。1キャスト目、ファットサムの後方に黒い影がついてきました。どうやら偶然にもチヌの真上を通せた?ようで、ファットサムを完全にロックオンしている様子。少しスピードを落としてターンさせるとガッと仕掛けてきました。リアフックに噛みついたようで、口の中の白が海中で目立ちます。サイズはそれほどでもなく、ゴロタ石の間に引き込んで取り込みました。やはり地元は飛距離と広範囲に探れるファットサムがあれば何とかなるものだと思いました。

sum山岡の一言

ファットサムを長期ご愛用頂き有り難う御座います。前回チヌよりお腹がプックリしていますねえ。写真のバックが砂地であったり小砂利であったり、今日の様に小石であったり、ゴミの混じらない楽しい写真をいつも有り難う御座います。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum