fishing_report

Date:
2022.4.22
Place:
浜名湖
Angler:
kobayashiさん
時間:
19時00分〜21時20分
スタイル:
ウェーディング
天候:
晴れ
気温/水温:
気温20度前後
風向き:
0m
水面状況 :
小潮 上げ うねり少々
lure Lipless suming70S Slalomer
釣果 1 fish
最大 30センチ後半

4/21に4バイトあるもののモノに出来ず…リベンジを兼ねて連日釣行となった。その4バイトのうち、3バイトはスラローマー85SSSにて。ひったくるような食い気あるバイトであったが、チヌやキビレの口にはなかなかフックアップしない。細身シルエットなルアーであれば吸い込んでヒットとなるわけだが、スラローマー85SSSを吸い込むようなサイズとなると、年無しに近い魚体となるのではないだろうか。サイズ狙うのも手であるが、サイズよりも数を釣りたい欲の方が強い私。そこでリアフックをトラウトフィッシングで用いるスイミングフックにしてみることにした。スイミングフックにすることで吸い込みやすくし、ひったくるバイトに呼応して刺す狙いだ。
実戦投入し、しばらくするとスラローマー85SSSにヒット。これまでバイトのみでフックアップまで行かなかったために、大きな手応えを感じた瞬間…まさかのフックアウト。なぜ…?と疑問になったのだが、フックを見てみる。どうやら下向きにつけたつもりであったが、スプーン用のスイミングフックであったためか、泳がせるとフックの向きが横向きになってしまっていたのだ。そのせいでうまくフックを口に打ち込めなくったと推察。一応、同じフックセッティングのリップレスサミング70Sスラローマーにて1枚元気の良いキビレをキャッチすることができたわけだが、思わぬ凡ミスであったと反省。スプリットリングを2つ仕様にして向きを直し、今一度挑みたいと思う。今回はバレてしまったが、遠いポイントがヒットポイントであったため、15gとウェイトがありながら、シャローエリアを引けるスラローマー85SSSならではのパターンであるので、どうにかモノにしたいところである。

【タックルデータ】
ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレントIII 76stream
リール:ダイワ 13セルテート2510R-PE
ライン:ヤマトヨテグス PEレジンシェラー8 0.6号 12lb
リーダー:ヤマトヨテグス フロロショックリーダー 8lb
スナップ:ヤリエ イージーラインスナップ サイズ0
ヒットルアー:サムルアーズ リップレスサミング70S スラローマー(68mm/約8.3g)
フック:トレブルフック size8+自作スイミングフック海津15号

sum山岡の一言

フックだけに関しても納得のいくセッティングまで遠い道程。ルアー釣りも飽きていられませんなあ。頑張って下さい。これからも宜しくお願い致します。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum