fishing_report

Date:
2021.4.8
Place:
九頭竜川
Angler:
TOさん
時間:
14:00~18:00
スタイル:
ウェーディング
天候:
晴れのち曇り
気温/水温:
気温:暖かい/水温:11℃
風向き:
無風のち強い北風
水面状況 :
透明度高し
lure SUM VIBration 13G
釣果 1 fish
最大 62.5cm

この日は所用で早朝に帰宅した所、天気が良いのでドライブにレッツゴーなのであります。道中頭をよぎるのは今が旬のコゴミ、そして減水して新たに現れるポイントの流れの筋。13:30に到着したポイントの駐車スペースには既に車が6台、連日早朝からどれぐらい叩かれてるか容易に想像出来ます。準備してポイントの上下流を見渡すと、お目当てのコゴミ探し方面に先行者2人、逆方面は無人、先行者が釣り下るのを待つ間に空いてる場所に入る事に。少々真面目に書きますが今回遅掛けで来たのは「広く面をトレースして追尾する個体は居なさそう」という設定の元「場所はどこでもいい」ので絶対的にサクラマスが定位する流れを探して特定したのち、素早く仕掛けるのが目的でした。早朝の1発狙いでキャストし通しではこの釣りの代名詞でもある「忍耐の」「修行の様な」釣りの挙げ句、時間の経過と共に意識も散漫になり、ただひたすらポイント移動を繰り返す、これは避けたい所です。あと個人的に重要視しているのは、高水位(釣りが成立しない様な大増水も含む)と低水位、どちらの状況でも視察を怠らない事。どちらの状況でも複数要素を満たしている地点では水量による定位場所の違いはあっても必ず居る筈。春の陽気に誘われて薄着で身軽に上流側から1スロー2ステップならぬ1スロー5~10ステップ、違うなー、と感じるとドリフトさせつつ歩きながらリーリングというハイペースでどんどん釣り下ります。途中の大人気立ち位置付近も杭になる事なく通過。誰しもが軽く流すか切り上げる辺りにて立ち位置を変更すると、絶対的な水流を発見。少しの角度や立ち位置でも違うのであります。狙うは岸スレスレから1~2m付近、絶対的な流れの脇にして水が当たっている箇所。下流方向斜め45°に軽くキャスト、竿を立て気味に13Gをスイング、中間地点でビリビリと強い振動に変わるのをなだめる様にブルブルとキープ、フルダウンに変わる手前、スイングの最終地点でビリリリりとピッチの細かい振動にほんの少し変えると共に瀬肩のブレイクに差し掛かった地点で竿を上流方向に倒して、壁を蹴って向きを変える様に岸際でスラッグを使ってヒラ、ヒラといやらしいターン、竿をしっかり握らずにほぼ手を添えているだけの指の関節が小さく「クンッ・・」と感じた瞬間に強く握るだけで竿を跳ね上げると、止まらないドラグ音と共に竿が一気に絞り込まれました。バイトのタイプからして本命である確信はありますが、少し首振ったかな?いやどうだろう・・・と確認したくても全く浮かない。ニゴイの動きでもないしコイでもない・・・良型かもしれないと丁寧に追従してここが勝負所と無理し過ぎない程度にリフトすると、ローリングと言うよりもバカでかいスプーンの様に動く魚体を確認、ややいなした後、次の反転ダッシュに入る前のタイミングで穏やかにネットイン。体の震えが止まらない、という事も無く、なんとなく来たら釣れちゃったな、というのが正直な所で、いいのかコレで?。ポイントを空ける為に少し場所を移動して撮影していると通りがかった方々が魚体(シーライス付き・ややフレッシュラン?)を見て今の状況で釣れた事と、魚体の迫力に驚いてくれますが、「イイ魚が見れたので帰ります」って、イヤ、釣りましょうよ・・・。翌日コゴミ採集に成功し、水位変わればすっ飛んで行くべきポイントも開拓して体力使い切った後の翌朝、7時に起きて川へ向かうと人・人・人・・・メジャーポイントで早朝からほぼ杭になっている人達を横目に、以前からつけ狙っている今回の本命ポイントへスタスタと行き、減水時限定、九頭竜では成立しにくい立ち位置での流れのド真ん中仁王立ちのフルダウン勝負。suming70、ちょっと違う。SUMVIB、これも違う。しかし想定内。もっと減水すればコトカス兄弟、又はSlalomer85もアリだけど計画通りに行けばこれで出ない筈はない、とプロト9。安穏と緩流帯を探った後、これで勝負、最も流れの押しがキツい筋を狙うべく転倒防止に立ち位置を変更してキャスト後にライン放出、絶妙なレンジを縦にトレースしつつ、ここぞという地点にて優しい誘いを2度仕掛けると、クッ、グングングングン~としっかりした首振りの後、晴天の空に轟くドラグ音。これなんですよ!!来た甲斐があった!、と感慨に浸ろうとすると、フッとテンション抜けてアレレ?。どうやらまだまだ詰めが甘い様で。これから5月終盤に向けて面白い釣りが出来そうです。

sum山岡の一言

僕は戦中戦後の食糧難育ち。見事なサクラマスを見ると美味しそうに。おめでとうございました。プロト9の録画を見ましたが、釣れてもおかしくない良いポイントに見えました。バラシは少し残念ですが今後に期待します。ありがとうございました。

レポートコーナーにご投稿下さいます場合はinfo@sumlures.co.jpまで釣果 写真を添えてお送り下さい。

sum